Publications

米国政府、中国との原子力協力に関する新たな枠組みを策定

16 10月 2018

米国エネルギー安全保障理事会(USE)は、米国国家安全保障理事会が率いる政府の政策見直しに続き、中国との民生原子力協力に関して、米国の民生用原子力技術、材料、 そして装置の中国への輸出を含む新たな政策枠組みを策定した。この新しい制度は、米国の民生用原子力技術の軍事的またはその他の無許可の目的のための中国の不法な転用を防止するためのものである。

軽水小型モジュラーリアクター(SMR)および非軽水先進原子炉を除き、2018年1月1日以前に技術輸出の承認が前提となる。 DoEはまた、AP1000の建設などの継続プロジェクトへの輸出要求の承認を前提としているが、特に中国Hualong-1の原子炉モデルを含む米国産業と直接競合する技術に関する要求は否定するものである。

私共のデイリーニュースレターの受信に登録する


世界のエネルギーリサーチにご興味ありますか?

Enerdataの評判の高いオンライン情報サービスは、貴重な市場データと分析だけでなく、石油、ガス、石炭、電力市場に関するニュースフィードを毎日110カ国以上で提供しています。

このユーザーフレンドリーなツールは、市場構造、組織、プレイヤー、プロジェクト、ビジネスの見通しなど、あなたの懸念事項の国内市場に不可欠なものを提供します。