Publications

フランス国務院はフェッセンハイム原子力発電所閉鎖判決を撤回

29 10月 2018

フランス国務院(フランスの最高行政裁判所)は、プラントの運転者のEDFがプラントの停止要求を出さなかったため、この決定は違法であるとして、Fessenheim原子力発電所の閉鎖に関する2017年4月の判決を破棄した。

2017年の判決では、Fessenheimの運転免許は、1,650MWのFlamanville原子力発電プロジェクトの2018年後半に予定されていた試運転日から廃止されることになっていた。しかし、Flamanvilleのコミッショニングは2019年第4四半期に延期され、EDFは決して閉鎖を要求しなかった。

Fessenheimの施設には、1977年以来毎年平均10 TWhを発生した880 MWの容量を持つ2基の加圧水型原子炉(PWR)が含まれている。2018年10月には、原子力安全局(ASR)は、フェッセンハイムの2基の原子炉は、それぞれ2020年と2022年に操業を停止しなければならないとしている。

私共のデイリーニュースレターの受信に登録する


発電プラントにご興味ありますか?

Enerdataは、発電資産の開発をスクリーニングし、モニターし、分析する市場調査サービスを開発しました。

Power Plant Trackerは、インタラクティブなデータベースと、世界中の発電所(設置済とプロジェクトの両方)をカバーする強力な検索エンジンを提供します。