Publications

BP、2020年に200億ドルの損失を計上、オマーン資産の株式を売却

2021年2月4日

BPは2020年の決算を発表し、2020年第2四半期に取られた大幅な減損と探鉱評価損により、203億米ドルの損失を計上しました(2019年は40億米ドルの利益)。同グループは、COVID-19パンデミックによる需要の落ち込み、石油・ガス価格の下落、精製マージンへの継続的な圧力に苦しめられました。しかし、生産コストの削減には成功した(アップストリームの単位生産コストは6.5%削減)。2020年にオマーンのGhazeer、英国のVorlich、インドのKG D6 R-clusterといった新規プロジェクトが試運転されたにもかかわらず、アップストリームの生産量は売却により9.9%減少しました。

BPは、2025年までに250億米ドルの資産を売却するという目標の半分以上の売却を完了し、現在は2021年に40~60億米ドルの資産を売却する計画です。また、タイの国営石油開発会社PTT Exploration and Production(PTTEP)との間で、オマーンのブロック61の20%の権益を26億米ドルでPTTEPに売却することで合意しました。オマーン国の承認を得て、2021年に完了する予定です。BP社が40%の権益を保有し、オペレーターとなり、その他のパートナーとしてOQ社(30%)、ペトロナス社(10%)が参加します。61鉱区は中東最大のタイトガス開発鉱区であり、2017年(Khazzan)と2020年(Ghazzzer)に2つの開発フェーズが開始され、10,500bcf(約300bcm)のガス資源を採掘し、1.5bcf/d(42mcm/dまたは15.5bcm/年)のガスと65,000bbl/d以上のコンデンセートを生産しています。

私共のデイリーニュースレターの受信にす に登録


世界のエネルギーリサーチにご興味ありますか?

Enerdataの評判の高いオンライン情報サービスは、貴重な市場データと分析だけでなく、石油、ガス、石炭、電力市場に関するニュースフィードを毎日110カ国以上で提供しています。

このユーザーフレンドリーなツールは、市場構造、組織、プレイヤー、プロジェクト、ビジネスの見通しなど、あなたの懸念事項の国内市場に不可欠なものを提供します。