Publications

エネルギーニュース

インフラと投資

アイスランドの地熱開発会社Reykjavik Geothermalは、CorbettiとTulu Moye(エチオピア)の2つの500 MW地熱発電所の開発のために、2019年9月に探査掘削を開始する準備をしています。 このプロジェクトでは、約44億米ドルの投資が必要となり、1 GWの地熱発電容量が全国の電力網に追加されます。

2017年12月に、エチオピア電力(EEP)および財務経済協力省との間で、20億米ドルのTulu Moyeプロジェクトに関する電力購入契約(PPA)が締結されました。 実現可能性の研究のために2018年8月に開発庁が、それはまだ投資家がその可能性を最大限に引き出すことを要求しています。 Tulu Moye発電所は4段階で開発され、最初の50 MW(2億5千万米ドル)は2021年までに稼働を開始する予定です。

エチオピアの現在の総設備容量は4.3 GW、電化率はわずか49%です。 この国の推定地熱ポテンシャルは10 GWです。

エネルギーと気候変動マーケット

サウジアラビアは、在庫を通常の水準に引き下げるために、OPEC加盟国および関連する石油生産者は2019年後半に生産削減計画を延長することを検討していると発表した。 アラブ首長国連邦沖の2人のサウジアラビア石油タンカーとサウジアラビアの石油施設に対する攻撃の後、2019年6月に緊張が高まる中、決定は下されるでしょう。
 
OPECと非OPECの石油生産者との間の最新の合意は、2018年12月に達成された。 世界の石油価格 カットはOPEC諸国(0.8 mb /日、イラン、リビア、ベネズエラは免除されている)とロシアなどの非OPEC諸国(0.4 mb /日)で共有されている。 OPECの生産の実際の減少の大部分は、イランとベネズエラの生産損失から来ています。

サウジアラビアは、2019年5月と6月に生産高9.8 Mb / dを維持する計画です。原油の生産と輸出の両方を削減するために、10.3 Mb / dという公約生産水準コミットメントを超える戦略を自発的に追求しています。

米国エネルギー情報局(EIA)によると、米国の再生可能エネルギー発電は2018年に742TWhという新しい記録を達成し、これは2008年に生産された382TWhのほぼ2倍の量です。 従来の水力発電容量は比較的安定していたため(2008年から+ 2%、2018年には292TWh、すなわち米国の電力の6.9%)、2018年の発電量および2008  -  2018年の増加の90%は風力および太陽光発電によるものであった。 混合)。

この期間中、風力発電は2018年に55 TWhから275 TWhへと増加し、すなわち国内総発電量の6.5%であったが、太陽光発電は2008年の2 TWhから2018年には96 TWhに急上昇した(電力構成の2.3%)。 2018年には、太陽光発電の69%(67TWh)が実用的規模の太陽光発電であり、残りは顧客用または屋上のような小規模な設備を必要とした。 他の再生可能資源(バイオマスおよび地熱を含む)からの発電は、70 TWhから79 TWhへと13%増加し、2018年の総発電量の1.9%を占めた。

国営の中国国営石炭公司(ChinaCoal)は、6つの中央管理国営電力会社との中長期供給契約に調印した - ダタングループ、フアディアングループ、中国資源パワーホールディングス、Huanengグループ、国家電力投資法人、およびSDIC電力グループ。 2019年から2023年の間に約500 Mtの石炭が供給される。契約によれば、2019年の石炭の供給量は97 Mtに達し、その後徐々に増加する。 契約価格は、2019年から2021年の間、CNY535 / t(US$ S77 / t前後)に設定されているが、2021年から2023年までの市場開発動向によって決定される。

ChinaCoalは、63の鉱山が陝西、内蒙古、江蘇などのいくつかの州と自治地域に広がっている主要な国内石炭生産国である。 41鉱山は操業中であり、22鉱山は建設中であり、総生産能力は288Mt /年である。 2017年には129Mt(2016年比-2.3%)を販売した。

フランス国務院(フランスの最高行政裁判所)は、プラントの運転者のEDFがプラントの停止要求を出さなかったため、この決定は違法であるとして、Fessenheim原子力発電所の閉鎖に関する2017年4月の判決を破棄した。

2017年の判決では、Fessenheimの運転免許は、1,650MWのFlamanville原子力発電プロジェクトの2018年後半に予定されていた試運転日から廃止されることになっていた。しかし、Flamanvilleのコミッショニングは2019年第4四半期に延期され、EDFは決して閉鎖を要求しなかった。

Fessenheimの施設には、1977年以来毎年平均10 TWhを発生した880 MWの容量を持つ2基の加圧水型原子炉(PWR)が含まれている。2018年10月には、原子力安全局(ASR)は、フェッセンハイムの2基の原子炉は、それぞれ2020年と2022年に操業を停止しなければならないとしている。

政策と規制

ニュージーランドは、2050年までにカーボンニュートラルになるための法案を承認した(農業部門の温室効果ガス(GHG)排出量を除く)。 この法案はロードマップの作成を担当する気候変動委員会を設置し、5年ごとに更新される予定です。 この法案は依然として議会の承認を受けており、2019年末までに成立する可能性があります。

2016年に提出されたNDCでは、ニュージーランドはGHG排出量を2030年までに2005年レベルの30%以下に削減することを約束しています。 2017年の排出量(LULUCFなし)は36 MtCO 2当量のCO 2、28.3 MtCO 2当量のCH 4(2016)および9.49 MtCO 2当量のN 2 O(2016)に達しました。 国の排出量の30%以上が家畜からの生物学的メタンから来ています。
 

国際通貨基金(IMF)が主導する改革プログラムの一環として、エジプト政府は2019年6月中旬までにほとんどの燃料に対する補助金を終了することを決定しました。国内では、液化石油ガス(LPG)や製パン工場で使用される燃料油を除くすべての燃料製品、および影響を受けない発電について、2018年から2019年の終わりまでに全費用回収に達することが約束されています。当局は、すべての燃料製品について燃料価格指数の計画的導入への段階的アプローチを選択することを決定しました。その上、政府も原油価格のヘッジを検討しています。電気補助金の改革は、2020年から2021年までに完全撤廃の目的に向けて計画されたように継続されます。

2016年の3年間の120億ドルのIMFローンプログラムの枠組みの下で、新たな20億ドルの融資の支払いが承認され、エジプトがエネルギー補助金を削減することを約束しました。 この最後の支払いにより、2016年11月にローンが調印されて以来、現在エジプトに割り当てられている総額は約100億米ドルになります。

 

欧州議会は、2021年から2030年の間に、欧州の脱炭素政策およびEUモビリティ部門の近代化に向けて、EU内の新車およびバンに関する新しいCO2排出基準を承認しました。 新車からの排出量は2021年と比較して37.5%少なく、新しいバンからの排出量は同じく31%少なくなければなりません。ゼロおよび低排出ガス自動車向けの技術中立インセンティブメカニズムが導入され、 電気自動車や燃料電池自動車、および排気ガスが50 gCO2 / km未満(主にプラグインハイブリッド車)自動車に適用されます。

2019年2月、欧州委員会と欧州議会は、2020年以降の期間におけるトラックの新しいCO2排出基準に関する暫定合意に達した。2030年には、新トラックからのCO2排出量を2019年の排出量と比較して30%削減する必要があると定めた。 。 この協定は、すぐに発効するために欧州議会と理事会によって正式に承認されなければならないでしょう。

欧州委員会(EC)は、2020年までのフランスにおける自己消費のための再生可能エネルギー源からの電力生産を支援するための2億ユーロの支援スキームを承認した。この措置はEU国家援助規則に沿っており、競争を歪ませずにEUのエネルギー目標をさらに高める予定です。

承認された計画は、フランスの国家予算によって賄われ、追加の再生可能発電能力490MW(100〜500kWの小規模設備用)の開発を支援する。 このスキームの受益者は、あらゆる種類の再生可能エネルギーが参加できる2020年までに組まれる入札の枠組みの下で選ばれることになる。

これは、生産された電力の限られた部分のみがグリッドに売却される場合など、企業や個人が自ら使用(自己消費)するための再生可能な電力の生産を支援するように設計されている。

予測

日本の原子力規制委員会(NRA)は、新しいテロ対策要件を満たすために原子炉の期限を延長する計画はないと発表した。

その結果、原子力事業者である九州電力、関西電力、四国電力は、時間内に要件を満たせなかった場合、2020年に原子力発電所を停止しなければならなくなる可能性がある。実際に原子炉を停止させると、LNGの輸入は大幅に増加し、オフラインの原子力発電所によるベースロード発電の潜在的な減少を相殺する可能性がある。歴史的に見て、日本は原子力発電の利用可能性が低い時期にガスで発電された電力消費量を増加させてきた。そして、天然ガスの価格がこれまでになく低いことから、ガス火力発電はこれまで以上に最も手頃な価格で信頼性の高い供給源になる。

日本の総電力容量は375GWで、そのうち228GWの火力(63GWのガス燃焼容量)を含む。