最も期待されている年次刊行物の1つである2019年版のGlobal Energy Trendsのリリースを発表させていただきます。

私たちのアナリストは、毎年、昨年のエネルギー市場の動向とその結果としてのG20の排出量に関するこの包括的で独立した検討を作成しています。

ここでは、PDF版の全体刊行物、公式のプレスリリース、および記録されたウェビナーにアクセスできます。

エネルギーニュース

ドイツ経済エネルギー省は、「成長、構造変化および雇用」委員会の勧告を実行するために、石炭を段階的に廃止するという立法戦略を発表した。すなわち、石炭火力を2022年に30GW(15GWは亜炭火力)まで、2030年には17 GW(9 GW亜炭)まで削減し、 2038年には石炭火力発電容量をゼロにする。ドイツは現在、石炭火力発電容量として約41 GWを運用しているが、これは2018年において国の発電量の3分の1以上を供給している。

見出し

EnerOutlook

EnerdataのEnerOutlook:2040年までの主要な世界のエネルギー予測

EnerOutlookは無料のインタラクティブなオンラインアプリケーションであり、マップやグラフを通じて世界の地域レベルでの長期エネルギー動向を表示します。 一次および最終エネルギー消費量および価格CO2排出量電気および天然ガスについての年間予測を直観的にブラウズして視覚化します。 世界的に認められているPOLESモデルからの化石燃料と再生可能エネルギーの両方をカバーする長期的なトレンドにアクセスしてください。

アクセスできるもの EnerOutlook

エネルギー研究およびデータサービス

当社のサービスへのアクセス

当社サービスへの無料試用をリクエストする

当社のニュースレター

ニュースレターを購読する