燃料貧困への取り組み

Fuel Poverty 07 11月

この概要は、エネルギー貧困に取り組むために実施されている政策と措置に焦点を当てています。

エネルギー貧困、または燃料貧困は、低所得世帯が家庭の中や移動のための基本的なエネルギーサービスを手軽な価格で適切に提供されない状況として定義されることがよくあります。 これは新興国だけでなく先進国でも大きな問題です。 ヨーロッパでは、2018年に約20%の世帯(つまり、約5,000万人)が燃料貧困の影響を受けていると考えられました

続きを読む(英語)

エネルギーニュース

国連環境計画(UNEP)は、現在および将来の温室効果ガス(GHG)排出量を提示し、2015年パリ協定の合意に基づき、世界の気温上昇を1.5℃に制限するために実施する必要があるものを強調する「排出ギャップ報告書」を発表しました。 

見出し

EnerOutlook

EnerdataのEnerOutlook:2040年までの主要な世界のエネルギー予測

EnerOutlookは無料のインタラクティブなオンラインアプリケーションであり、マップやグラフを通じて世界の地域レベルでの長期エネルギー動向を表示します。 一次および最終エネルギー消費量および価格CO2排出量電気および天然ガスについての年間予測を直観的にブラウズして視覚化します。 世界的に認められているPOLESモデルからの化石燃料と再生可能エネルギーの両方をカバーする長期的なトレンドにアクセスしてください。

アクセスできるもの EnerOutlook

エネルギー研究およびデータサービス

当社のサービスへのアクセス

当社サービスへの無料試用をリクエストする

当社のニュースレター

ニュースレターを購読する