バイオ燃料の進化の展望。

Biofuel 9月9日

バイオ燃料の生産量は、2000年から2020年の間に9倍に増加しましたが、2029年には大幅に減速する可能性があります。これは、燃料需要の減少、輸送技術間の競争の激化、公共政策の脱炭素化の傾向が予想されるためです。主なバイオ燃料はバイオエタノールとバイオディーゼルであり、その生産と消費における主要国のプレーヤーは非常に異なっている。

続きを読む(英語)

エネルギーニュース

日本の経済産業省は、日本の北部、秋田沖のエリアで360MWの洋上風力発電プロジェクト開発を競売にかけます。八峰・能代プロジェクトの入札プロセスは、2022年初頭に開始される予定です。
 
また、日本は新たに4つの洋上風力発電の開発に「有望な」地域を指定し、10の地域を「適している可能性がある」地域として特定しました。

日本は、2030年までに30 GW、2040年までに30 GWから40 GW洋上風力発電設備の開発を目指しています。

見出し

EnerOutlook

EnerOutlook: 2050年までの世界の主要エネルギー予測

EnerOutlookは、世界や地域レベルでの長期的なエネルギートレンドを、インタラクティブな地図やグラフで提供する無料のインタラクティブなオンラインアプリケーションです。一次・最終エネルギー消費量、CO2排出量、電力、再生可能エネルギーの年間予測をご覧いただけます。世界的に認められているPOLESモデルによる2050年までの予測に、地域や国別のスナップショットを含めてアクセスできます。

世界のエネルギー予測にアクセスする

エネルギー研究およびデータサービス

当社のサービスへのアクセス

当社サービスへの無料試用をリクエストする

当社のニュースレター

ニュースレターを購読する