Covid-19。エネルギー需要への大きな影響

Covid 2020 estimates 8月12日

この概要は、最新のマクロ経済の前提とEnerdataのエネルギー統計を活用して、4月と5月に実施した世界各地でのcovid-19パンデミックのエネルギーへの影響に関する分析を更新したものです。
各国の最終的なエネルギー消費量の変動は、GDPの動向と強くリンクしており、中国だけが(小さな)成長を示すと予想していることがわかりました。
CO2排出量も減少し、自然エネルギーによる発電量は大幅に増加すると予測しています。

続きを読む(英語)

エネルギーニュース

世界最大の民間石炭・エネルギーグループである米国のPeabody Energyは、長期的なガス価格低下見通し、石炭火力発電所の撤退計画、再生可能エネルギー発電の継続的な成長を考慮し、米国の電力ミックスにおける石炭のシェアが再び低下すると予想されることから、同社のノースアンテロープロシェル鉱山の価値を14.2億米ドル減損させた。

米国ワイオミング州にあるノースアンテロープロシェル鉱山は、1983年から生産を開始した表層鉱山である。約19年分の埋蔵量を持つノース・アンテロープ・ロシェル鉱山は、2019年の米国生産量の12%を占める米国最大の炭鉱である。

見出し

EnerOutlook

EnerdataのEnerOutlook:2050年までの世界の主要エネルギーシナリオ

EnerOutlookは、世界の地域レベルでの長期的なエネルギートレンドを地図やグラフで表示する無料のインタラクティブなオンラインアプリケーションです。一次・最終エネルギー消費量、CO2排出量、電力、天然ガスの年間予測を直感的に閲覧・可視化することができます。世界的に認知されているPOLESモデルから、化石燃料と再生可能エネルギーの両方をカバーし、地域や国のスナップショットで長期的な傾向を予測してアクセスします。

EnerOutlookにアクセス

エネルギー研究およびデータサービス

当社のサービスへのアクセス

当社サービスへの無料試用をリクエストする

当社のニュースレター

ニュースレターを購読する