経済成長と電力へのアクセスは東南アジアにおけるエネルギー消費のブーム到来を意味する

power network 11 10月

東南アジアは電力へのアクセスと経済発展において重要な進歩を遂げたが、これらの開発要求とのバランスで炭素原単位を低下させる困難にも直面している。

さらに、現在のNDCsが世界的な2℃のシナリオで必要とされる脱炭素化に対処するのに十分ではないことも懸念される。

続きを読む (english)

일일 에너지 뉴스

国営の中国国営石炭公司(ChinaCoal)は、6つの中央管理国営電力会社との中長期供給契約に調印した - ダタングループ、フアディアングループ、中国資源パワーホールディングス、Huanengグループ、国家電力投資法人、およびSDIC電力グループ。 2019年から2023年の間に約500 Mtの石炭が供給される。契約によれば、2019年の石炭の供給量は97 Mtに達し、その後徐々に増加する。 契約価格は、2019年から2021年の間、CNY535 / t(US$ S77 / t前後)に設定されているが、2021年から2023年までの市場開発動向によって決定される。

EnerOutlook

EnerdataのEnerOutlook:2040年までの主要な世界のエネルギー予測

EnerOutlookは無料のインタラクティブなオンラインアプリケーションであり、マップやグラフを通じて世界の地域レベルでの長期エネルギー動向を表示します。 一次および最終エネルギー消費量および価格CO2排出量電気および天然ガスについての年間予測を直観的にブラウズして視覚化します。 世界的に認められているPOLESモデルからの化石燃料と再生可能エネルギーの両方をカバーする長期的なトレンドにアクセスしてください。

アクセスできるもの EnerOutlook

エネルギー研究およびデータサービス

当社のサービスへのアクセス

当社サービスへの無料試用をリクエストする

当社のニュースレター

ニュースレターを購読する