新たな電力系統融通サービスにおけるビジネスチャンスを掴む

Electricity grid 4月7日

低炭素エネルギーミックスへの移行には、経済の電化、変動する再生可能エネルギーの開発、発送電分離された火力発電所の段階的な廃止が必要です。このシフトは電力網に大きな影響を与えるため、「柔軟性」という複雑なテーマに取り組む必要があります。電力会社で30年以上の経験を持つフレキシビリティのシニアエキスパート、アラン・マロ氏に、新たな電力系統のフレキシビリティサービスにおけるビジネスチャンスをどう捉えるか、その分析についてお話いただきました。

続きを読む(英語)

エネルギーニュース

「カリフォルニア州(米国)は、2030年までに300万kW、2045年までに1500万kW、2050年までに最大2000万kWの浮体式洋上風力発電設備導入を目標としています。2025年までに最大7件の新規洋上リース販売を実施する予定の米国は、2030年までに30GWの洋上風力発電容量の導入を目指しています。
 
これに先立ち、米国海洋エネルギー管理局(BOEM)は2022年5月、カリフォルニア州北部沖合20マイル(32km)に位置するハンボルト風力エネルギー地域(WEA)での洋上風力発電リース活動による潜在的影響に関する環境レビューを完了し、...

見出し

EnerOutlook

EnerOutlook: 2050年までの世界の主要エネルギー予測

EnerOutlookは、世界や地域レベルでの長期的なエネルギートレンドを、インタラクティブな地図やグラフで提供する無料のインタラクティブなオンラインアプリケーションです。一次・最終エネルギー消費量、CO2排出量、電力、再生可能エネルギーの年間予測をご覧いただけます。世界的に認められているPOLESモデルによる2050年までの予測に、地域や国別のスナップショットを含めてアクセスできます。

世界のエネルギー予測にアクセスする

エネルギー研究およびデータサービス

当社のサービスへのアクセス

当社サービスへの無料試用をリクエストする

当社のニュースレター

ニュースレターを購読する