Enerdata はこのほど、「Global Energy Trends, 2020 Edition」を公開しました。主要国に焦点を当てた世界レベルでの2019年連結統計・指標(需要、排出量、エネルギー移行)の分析に加え、パンデミックとそれに続くマクロ経済の激変がエネルギーシステムに与える影響を、推計値と短期シナリオ(2020年以降)を活用して評価しています。

エネルギーニュース

ドイツの送電システム事業者(TS0)Amprionは、北海における欧州の洋上風力接続の開発を目的とした長期計画「Eurobar(European Offshore Busbar)」を発表した。Amprionの調整システムにより、ドイツ、ベルギー、イギリス、デンマーク、フランス、ノルウェー、オランダは、2050年までに200GWの洋上風力発電の潜在能力を開発することが可能になる。この目標を達成するために、同社は2009~2019年の52億ユーロに対し、2028年までに152億ユーロの投資を行う予定だ。

見出し

EnerOutlook

EnerdataのEnerOutlook:2050年までの世界の主要エネルギーシナリオ

EnerOutlookは、世界の地域レベルでの長期的なエネルギートレンドを地図やグラフで表示する無料のインタラクティブなオンラインアプリケーションです。一次・最終エネルギー消費量、CO2排出量、電力、天然ガスの年間予測を直感的に閲覧・可視化することができます。世界的に認知されているPOLESモデルから、化石燃料と再生可能エネルギーの両方をカバーし、地域や国のスナップショットで長期的な傾向を予測してアクセスします。

EnerOutlookにアクセス

エネルギー研究およびデータサービス

当社のサービスへのアクセス

当社サービスへの無料試用をリクエストする

当社のニュースレター

ニュースレターを購読する