Publications

ノルウェー、北極圏のアップストリームの制限区域を拡大する計画

27 4月 2020

ノルウェー政府は、同国の北極海域における石油探査の禁止区域(いわゆるアイスエッジ境界)を拡大することを提案した。以前の境界線が1967年から1989年の期間における30%の確率を基準としていたのに対し、新しい境界線は1988年から2017年までの期間の4月における15%の確率で海氷が出現した場所に位置しています。新しい境界線は十分に北側に残っており、既存の探査ライセンスには影響を与えません。新たな進入禁止区域案は、国会に提出して承認を得る予定です。この案が採択された後、同国は25回目の石油探査許可ラウンドを開始すると予想されています。

ノルウェー石油局(NPD)の予測によると、ノルウェーの原油生産量は、主要油田であるスヴェルドラップとカストベリが順次生産に入るため、2019年の1.41mb/dから2020年には1.76mb/d、2024年には2.02mb/dと、2019年から2024年の間に44%増加すると予想されています。2019年の探鉱活動は4%増の年間で57坑井が散在したにもかかわらず、NPDでは2020年の探鉱活動は減少し、50坑井にとどまると予想しています。2019年の探鉱活動の大部分は北海(65%)で行われ、ノルウェー海(26%)、バレンツ海(9%)と続きました。

私共のデイリーニュースレターの受信に登録する


エネルギー予測にご興味ありますか?

EnerFutureサービスをご覧ください:すべてのエネルギーの需要と供給、部門別のCO2排出量、燃料別のによる発電量(発電量と容量の両方)の長期予測(2050年まで)をご提供します。