Publications

オーストラリア、ニューサウスウェールズ州のエネルギープロジェクトで14億米ドルの契約を締結

2020年2月3日

オーストラリア政府は、2つの州間送電線(Snowy Hydroから南NSWへのHumeLink相互接続線とクイーンズランド-NSW相互接続線)を開発するために、ニューサウスウェールズ州(NSW)と20億オーストラリアドル(14億米ドル)の共同資金協定を締結し、東海岸の電力ネットワークの一部をアップグレードし、CO2排出削減プロジェクトをサポートします。 5年契約により、NSW電力網の安定化、電力価格の低減、風力、太陽光、水力発電プロジェクトの促進が期待されています。さらに、NSW政府は、独立計画委員会からの承認を待っているサントスの提案したナラブリ炭層ガス田から、または1つまたは2つのLNG輸入ターミナルプロジェクトから、さらに70 PJ /年のガスを東海岸市場に供給することを約束しました。

オーストラリアは現在、ビクトリアと南オーストラリア間の2本の送電線の1つが故障し、2つの州間の電力交換が減少したため、厳しい電力供給状態に直面しています。オーストラリアのエネルギー市場運営者は、停電を回避するために消費電力を削減するよう大規模な電力消費者に呼びかけながら、非常用の電力備蓄を活用し、予備の電力を配給しなければなりませんでした。卸売電力価格は、ビクトリア州で時価AUD14,700/MWh(US$9,840/MWh)まで上昇し、ニューサウスウェールズ州ではAUD13,000/MWh(US$8,700/MWh)に達しましたが、その後ビクトリア州ではAUD100/MWh(US$67/MWh)、NSW州 ではAUD90/MWh(US$60/ MWh)まで下がりました。

 

私共のデイリーニュースレターの受信に登録する


発電プラントにご興味ありますか?

Enerdataは、発電資産の開発をスクリーニングし、モニターし、分析する市場調査サービスを開発しました。

Power Plant Trackerは、インタラクティブなデータベースと、世界中の発電所(設置済とプロジェクトの両方)をカバーする強力な検索エンジンを提供します。