Publications

ブラジル、2050年までにネット・ゼロ・エミッションを達成することを約束

2021年4月26日

ブラジル当局は、2050年までに排出量をゼロにすることを約束し、2030年までに温室効果ガス(GHG)の排出量を半減させ、違法な森林伐採を阻止することを繰り返し表明しました。さらにブラジルは、環境保護活動のための予算を2倍にすることを約束しました。そのためには、2021年の予算がほぼ完成していることから、10億米ドル/年の海外援助を要求しています。

ブラジルの燃料燃焼によるCO2排出量は、2009年から2014年の間に急増(年間約8%)しましたが、エネルギー消費量の削減により2014年から2018年の間に15%減少し、2019年には414Mtと安定しています。ブラジルは更新されたNDC(2020年)において、2060年までにカーボンニュートラルを達成することを目標としています。先進国がパリ協定第6条のメカニズムと連邦政府の環境サービスへの支払いプログラム「フロレスタ+」を通じて、2021年からブラジルのプロジェクトに年間100億米ドルを移転すれば、新たな目標を前倒しで達成することができます。

私共のデイリーニュースレターの受信にす に登録


世界のエネルギーリサーチにご興味ありますか?

Enerdataの評判の高いオンライン情報サービスは、貴重な市場データと分析だけでなく、石油、ガス、石炭、電力市場に関するニュースフィードを毎日110カ国以上で提供しています。

このユーザーフレンドリーなツールは、市場構造、組織、プレイヤー、プロジェクト、ビジネスの見通しなど、あなたの懸念事項の国内市場に不可欠なものを提供します。