Publications

カリフォルニア州(米国)、2030年までに浮体式洋上風力発電設備3GWの導入目標。

2022年5月10日

「カリフォルニア州(米国)は、2030年までに300万kW、2045年までに1500万kW、2050年までに最大2000万kWの浮体式洋上風力発電設備導入を目標としています。2025年までに最大7件の新規洋上リース販売を実施する予定の米国は、2030年までに30GWの洋上風力発電容量の導入を目指しています。
 
これに先立ち、米国海洋エネルギー管理局(BOEM)は2022年5月、カリフォルニア州北部沖合20マイル(32km)に位置するハンボルト風力エネルギー地域(WEA)での洋上風力発電リース活動による潜在的影響に関する環境レビューを完了し、その分析に基づいて有意な影響なしとの調査結果(FONSI)を発行しました。BOEMの環境アセスメント(EA)は、WEA内のリース発行による潜在的な影響を考慮し、開発されれば最大160万kWのエネルギーをグリッドにもたらす可能性があるとしています。

私共のデイリーニュースレターの受信にす に登録


発電プラントにご興味ありますか?

Enerdataは、発電資産の開発をスクリーニングし、モニターし、分析する市場調査サービスを開発しました。

Power Plant Trackerは、インタラクティブなデータベースと、世界中の発電所(設置済とプロジェクトの両方)をカバーする強力な検索エンジンを提供します。