Publications

チリの更新されたNDCでは2030年までにGHG排出量の上限を強化

2020年4月14日

チリ政府は、2050年までにカーボンニュートラルを達成することを視野に、2030年までの気候への取り組みを示す自国が決定する貢献(NDC)の更新を発表しました。更新されたNDCは、以前の排出強度インジケーター(条件付きおよび無条件)を無条件の絶対インジケーターに置き換え、2030年までに95 MtCO2eq(前のNDCでの2030年までの123 MtCO2eqの目標と比較)、2025年の排出量をピークとし、温室効果ガス(GHG)排出量は2020年から2030年までの期間で1,100 MtCO2eq以下としました。これは、2050年までにカーボンニュートラルに到達するというチリの戦略の中間目標になります。気候変動に関する枠組み法案は現在、チリ全国会議で議論されています。

2019年6月、政府は2040年までにすべての石炭火力発電所を閉鎖し、2050年までに発電部門をカーボンニュートラルにすることを目的とした脱石炭計画を発表しました。これは、チリの電力ミックスの70%を2030年には再生可能エネルギーでカバーし、この日までに温室効果ガス排出量(GHG)を30%削減する計画と一致しています。 2020年3月、チリの新しいエネルギー効率法は、エネルギー消費を2030年までに5.5%、2035年までに7%削減することを目指しました。

私共のデイリーニュースレターの受信に登録する


包括的かつ最新のエネルギーおよびCO2データを検索しませんか?

そうであれば、Global Energy Market Data & CO2があなたのデータベースです! 石油、ガス、石炭、電力市場の世界的なカバレッジ、1970年からの全国需要と供給年次データの詳細な概観をご提供します。

このエネルギーデータベースは、毎月更新される完全に整合したデータセットを提供するために、当社のデータスペシャリストによって処理される400以上の公式データソースを活用