Publications

中国、2030年までの新たな炭素原単位目標を発表

2020年12月15日

中国は、炭素原単位(単位GDPあたりのCO2排出量)を2030年までに60~65%削減するという従来の目標に対して、2030年までに2005年比で65%以上削減することを約束した。さらに、同国は一次エネルギー消費に占める非化石燃料の割合を2020年までに約20%から25%に引き上げ、風力・太陽光発電の総導入容量を1,200GW以上に引き上げることを計画している。また、中国は2030年までに森林ストック量を2005年比で6bcm増加させる。

中国は2020年9月、パリ協定への自国が決定する貢献(NDC)を更新し、2030年までにCO2排出量をピークに、2060年までにカーボンニュートラルにすることを目標に、規模を拡大する計画を発表した。中国は現在、近い将来の脱炭素化計画を決定する新たな5カ年計画に取り組んでいる。同国のエネルギー燃焼によるCO2排出量は1990年からほぼ4倍に増加し、2019年には9.7GtCO2に達している。2019年の中国の炭素原単位は2005年と比較して46%低下している。

私共のデイリーニュースレターの受信にす に登録


包括的かつ最新のエネルギーおよびCO2データを検索しませんか?

そうであれば、Global Energy Market Data & CO2があなたのデータベースです! 石油、ガス、石炭、電力市場の世界的なカバレッジ、1970年からの全国需要と供給年次データの詳細な概観をご提供します。

このエネルギーデータベースは、毎月更新される完全に整合したデータセットを提供するために、当社のデータスペシャリストによって処理される400以上の公式データソースを活用