Publications

中国、国家的炭素排出量取引制度に関する新たな協議を開始

2020年11月6日

中国生態環境省(MEE)は、国家排出量取引制度(ETS)の協議計画を開始した。新しい規則案の下では、年間10,000 tce/年の消費に相当する26,000 tCO2eq/年のカットオフポイントを超える企業は、ETSへの参加が必須となる。企業は、情報開示と検証要件を条件に、排出量報告書を発行しなければならない。MEEは、炭素排出枠を割り当てるための方法論と基準を決定する。また、中国当局は、炭素排出許可証の登録・決済システムを強化し、運用する。

中国は2021年から2025年の間にカーボンETSを開始する予定である。これまで中国は、2020年末までに電力部門のみを対象としたETSの第一段階を開始すると予想していた。この計画は数年前から進められている。中国は2013年に7つの地域取引プラットフォームでスタートし、2017年12月に国家ETSを開始したが、取引開始前に法的・技術的なインフラ構築に取り組まなければならなかった。2020年8月には、中国の7つの地域でのパイロットETSが約3,000の産業排出者をカバーし、406 MtCO2eqの温室効果ガス(GHG)排出量を取引した。

私共のデイリーニュースレターの受信に登録する


包括的かつ最新のエネルギーおよびCO2データを検索しませんか?

そうであれば、Global Energy Market Data & CO2があなたのデータベースです! 石油、ガス、石炭、電力市場の世界的なカバレッジ、1970年からの全国需要と供給年次データの詳細な概観をご提供します。

このエネルギーデータベースは、毎月更新される完全に整合したデータセットを提供するために、当社のデータスペシャリストによって処理される400以上の公式データソースを活用