Publications

中国は海外での新規石炭火力発電プロジェクトの建設を中止する

2021年9月23日

「中国は、COP26を前に、海外での石炭火力発電プロジェクトの新規建設を中止することを約束しました。その代わりに、再生可能エネルギーや低炭素エネルギープロジェクトへの支援を強化するとしています。韓国と日本は2021年の初めに同様の動きをしました。

中国は2020年9月、パリ協定に対する国家決定貢献(NDC)を更新し、2030年までにCO2排出量のピークを迎え、2060年までにカーボンニュートラルを達成することを目標に、規模を拡大する計画を発表しました。中国のエネルギー燃焼によるCO2排出量は、2000年から2013年の間に約3倍に増加し、年率7%で増加しています。石炭消費量がわずかに減少した2016年までは、9GtCO2で停滞していました。2017年以降の石炭消費量の増加により、CO2排出量は再び増加し、2020年には9.7GtCO2に達しています。

私共のデイリーニュースレターの受信にす に登録


発電プラントにご興味ありますか?

Enerdataは、発電資産の開発をスクリーニングし、モニターし、分析する市場調査サービスを開発しました。

Power Plant Trackerは、インタラクティブなデータベースと、世界中の発電所(設置済とプロジェクトの両方)をカバーする強力な検索エンジンを提供します。