Publications

中国の再生可能エネルギー補助金予算は2020年に7.5%増の130億米ドルに

2020年6月22日

中国政府は、再生可能エネルギー補助金の予算を2019年の852億元(120億米ドル)から2020年の924億元(130億米ドル)に7.5%増額した。太陽光発電プロジェクトは 428 億元(60 億米ドル、14%増)、風力発電プロジェクトは 357 億元(50 億米ドル、3.2%減)を徴収する。残りの138億元(19.5億米ドル)は、バイオマス発電と地域のグリッド会社に資金を提供する。これまでのところ、2020年には33.5GWの新規容量を占める太陽光発電プロジェクトが補助金を申請している(2019年比36%増)。2019年には、中国当局は、スキームに申請した24.8GWのうち22.8GWに補助金を出した。

中国は2020年にパワーミックスにおける自然エネルギー(水力を含む)の割合を28.2%に引き上げる計画で、自然エネルギー(水力を除く)の割合は10.8%に達する見込み。10の省と地域は電力の30%以上を再生可能エネルギーで生産しなければならないが、9の省と地域は非水力発電の15%以上を目標としている。地域の電力網運営者は、目標に応じて電力容量を配分するよう求められている。

私共のデイリーニュースレターの受信に登録する


発電プラントにご興味ありますか?

Enerdataは、発電資産の開発をスクリーニングし、モニターし、分析する市場調査サービスを開発しました。

Power Plant Trackerは、インタラクティブなデータベースと、世界中の発電所(設置済とプロジェクトの両方)をカバーする強力な検索エンジンを提供します。