Publications

中国の国家送電網は2021年から25年の間に8,900億米ドルの送電プロジェクトへの投資を計画している。

2020年10月13日

中国国家電網公司(SGCC)は、第14次5カ年計画期間(2021年~2025年)において、超高圧送電、電気自動車用充電器、新デジタルインフラに重点を置いて、電力網および関連産業に6兆元(約8,900億米ドル)の投資を行う予定である。また、水力、風力、太陽光の年間利用率95%以上を確保するための対策を講じる。SGCCは、26の省、自治区、自治体で11億人の人々にサービスを提供しており、国内の88%をカバーしている。

2020年9月、中国国家電網公司は、張北-雄安新区間1,000kV超高圧(UHV)交流(AC)送電・変電プロジェクトを完工した。プロジェクトは2019年4月に着工し、59億8000万人民元(8億8700万米ドル)の投資を必要とした。全長315kmの送電線は、河北省(華北)の張家口の再生可能実証区と雄安新区を結ぶ。張家口の再生可能エネルギー容量は2GWに達し、2030年には5GWに達すると予測されている。

私共のデイリーニュースレターの受信に登録する


発電プラントにご興味ありますか?

Enerdataは、発電資産の開発をスクリーニングし、モニターし、分析する市場調査サービスを開発しました。

Power Plant Trackerは、インタラクティブなデータベースと、世界中の発電所(設置済とプロジェクトの両方)をカバーする強力な検索エンジンを提供します。