Publications

中国、2021年の風力・太陽光発電の最低接続目標を9,000万kWに設定

2021年5月25日

中国国家エネルギー局(NEA)は、2021年に9,000万kWの風力・太陽光発電設備を中国国内の電力網に接続することを目標としています。NEAは、再生可能プロジェクトの建設目標ではなく、再生可能電力の送電目標を設定することで、再生可能プロジェクトが抑制を回避し、発電量全体を市場で販売できるようにすることを計画しています。また、再生可能エネルギーの消費量を予測し、地域を越えた再生可能エネルギー電力の取引を促進することも計画しています。

中国の風力・太陽光発電の設置容量は、2015年の174GW(風力131GW、太陽光43GW)から2020年には535GW(風力281GW、太陽光253GW)と近年急増しており、2020年には過去最高の設置容量(風力+72GW、太陽光+49GW)となる。

私共のデイリーニュースレターの受信にす に登録


発電プラントにご興味ありますか?

Enerdataは、発電資産の開発をスクリーニングし、モニターし、分析する市場調査サービスを開発しました。

Power Plant Trackerは、インタラクティブなデータベースと、世界中の発電所(設置済とプロジェクトの両方)をカバーする強力な検索エンジンを提供します。