Publications

中国は2018年に世界の原子力開発を主導しました

1 10月 2019

World Nuclear Report 2019によると、中国は2018年に世界の原子力開発を主導しました。今年中に稼働した9基の原子炉のうち7基は中国にあり、他の2基はロシアにありました。中国の原子力発電は19%成長し、世界の原子力生産の2.4%の増加に貢献しました(中国がなければ、この成長は0.6%だったでしょう)。ただし、中国は、2020年の五か年計画で設定された58 GWの設置容量および30 GWが建設中という原子力目標は逃すでしょう(2016年12月以降、建設は開始されていません)。 2019年7月1日現在、中国には合計純容量44.5 GWの47基の原子炉が稼働中であり、合計8.8 GWの10基が建設中です。

2018年、世界の電力構成における原子力の割合は減少し続け、新設プロジェクトは遅れに直面しています。建設中の46基の原子炉のうち少なくとも27基が遅延し、11基は遅延の増加を報告しており、2018年に試運転予定の17基のうち9基のみが実際に電力系統に接続されていました。

原子力発電は、再生可能エネルギーとの競争の激化にも直面しています。多くの国では、新しい再生可能電力プロジェクトは、既存の原子力発電所と経済的に競争できるようになり、はるかに迅速に建設され、年々より多くのCO2を削減しています。報告書によると、公益事業規模の太陽光発電のコストの平準化は過去10年間で88%、風力が69%、原子力が23%減少しました。再生可能エネルギーへの投資は引き続き増加しており、2018年には165 GWが電力系統に接続され、9 GWの新規原子力容量と比較されています。

私共のデイリーニュースレターの受信に登録する


発電プラントにご興味ありますか?

Enerdataは、発電資産の開発をスクリーニングし、モニターし、分析する市場調査サービスを開発しました。

Power Plant Trackerは、インタラクティブなデータベースと、世界中の発電所(設置済とプロジェクトの両方)をカバーする強力な検索エンジンを提供します。