Publications

ポーランドは2049年に石炭採掘を終了する計画

2020年9月28日

ポーランド政府は、石炭組合との合意に基づき、石炭鉱山の段階的な閉鎖を承認し、最後の鉱山は2049年に閉鎖されることになった。最初に閉鎖されるのはカトヴィツェのウジェック鉱山で、早ければ2021年に閉鎖される。2049年には、最後の2つの鉱山、すなわちリュブニクのチュワウォヴィツェ鉱山とヤンコヴィツェ鉱山が閉鎖される。それまでの間、鉱業は国の補助金で賄われることになる。国は、石炭採掘地域、特にシレジアのための資金を開放する。

ポーランドの石炭と亜炭の生産量は2012年以降減少しており、2019年には144 Mtから112 Mtに減少している(瀝青炭55%、亜炭45%)。ポーランドの電力ミックスの73%を石炭と亜炭が占めている。

私共のデイリーニュースレターの受信にす に登録


再生可能エネルギー・オークションのエキスパートになりたいですか?

学術研究に裏打ちされた技術的な焦点を世界的にカバーし、非常に詳細で定期的に更新される当社のRESオークションデータベースをご覧ください。

当社の再生可能エネルギーオークションサービスでは、世界レベルでのオークションをモニターすることができます。その(拡大する)範囲は、特に主要なG20諸国を含み、ヨーロッパと南米については特に優れた追跡が可能です。