Publications

コロンビアがカーボンニュートラルコロンビア戦略を開始

2021年4月12日

コロンビアの環境および持続可能な開発省は、2050年までにカーボンニュートラルに到達することを目指して、温室効果ガス(GHG)排出量を削減するための公共および民間部門と市民社会の取り組みを促進することを目的としたカーボンニュートラルコロンビア戦略を開始しました。排出量の削減に取り組んでいる民間企業には、石油およびガスグループのレプソルとオメガエナジー、および送電、道路、通信グループのISAが含まれます。

コロンビアのエネルギー燃焼由来のCO2排出量は、2008年から2016年の間に55%(約6%/年)増加しました。産業および電力セクターにより2017年に14%の急激な減少の後、2018年と2019年に年間約5%増加し83MtCO2に至りました。

2020年11月、コロンビアは国別に決定された貢献(NDC)を更新しました。コロンビアは、2030年に温室効果ガス(GHG)排出量を51%削減することを目指しています。同国は、エネルギー転換、クリーンなモビリティのアクションの強化と、森林破壊との闘いを計画しています。同国は最初のNDCで、BAUシナリオと比較して2030年にGHG排出量を少なくとも20%削減することを約束しました。この目標は、国際社会からの財政的支援により25%または30%に引き上げることができた可能性があります。

私共のデイリーニュースレターの受信にす に登録


世界のエネルギーリサーチにご興味ありますか?

Enerdataの評判の高いオンライン情報サービスは、貴重な市場データと分析だけでなく、石油、ガス、石炭、電力市場に関するニュースフィードを毎日110カ国以上で提供しています。

このユーザーフレンドリーなツールは、市場構造、組織、プレイヤー、プロジェクト、ビジネスの見通しなど、あなたの懸念事項の国内市場に不可欠なものを提供します。