Publications

COP26のグラスゴー気候協定では、衰えることのない石炭発電を段階的に削減することを求めている

2021年11月15日

「COP26は、地球温暖化を1.5℃に抑えるためには、2030年までに世界のCO2排出量を2010年比で45%削減し、2050年までに正味ゼロにする必要があることを認識し、メタンを含む非CO2温室効果ガス(GHG)の排出量を2030年までに削減するためのさらなる行動を検討するよう締約国に求めるという、気候に関する妥協的な合意で終了しました。
 
いわゆるグラスゴー気候協定では、締約国に対し、「低排出エネルギーシステムへの移行のために、技術の開発、展開、普及、および政策の採用を加速し、これには、クリーンな発電およびエネルギー効率向上策の展開を急速に拡大することが含まれ、これには、衰えない石炭発電の段階的削減および非効率な化石燃料補助金の段階的廃止に向けた取り組みの加速が含まれる」としています。協定案では「衰えることのない石炭発電の段階的廃止」が提案されていましたが、中国とインドは「段階的廃止(Phase-out)」を「段階的削減(Phasedown)」に置き換えることを主張し、「衰えることのない」と「非効率」という言葉は不明瞭なままでした。また、グラスゴー気候協定では、「各国の事情に沿って、最も貧しい人々や最も脆弱な人々に的を絞った支援を行い、公正な移行に向けた支援の必要性を認識する」ことに重点が置かれています。さらに、GHG吸収源として機能し、生物多様性を保護する可能性のある生態系の保護、保全、回復の重要性を強調しています。
 
また、グラスゴー気候協定では、先進国に対して、「緩和と適応の両方に関して途上国の締約国を支援するために、財源、技術移転、能力開発を含む強化された支援を提供する」こと、および、途上国への支援を年間1,000億米ドルを超えて大幅に増やすことを求めています(年間1,000億米ドルの目標はまだ達成されていません)。「損失と損害」の場合(気候変動により各国がすでに直面しているコスト)が懸念される場合については、影響を受けた脆弱な国に財政的な補償を与えないものの、締約国は行動を拡大する緊急性を繰り返しました。

私共のデイリーニュースレターの受信にす に登録


世界のエネルギーリサーチにご興味ありますか?

Enerdataの評判の高いオンライン情報サービスは、貴重な市場データと分析だけでなく、石油、ガス、石炭、電力市場に関するニュースフィードを毎日110カ国以上で提供しています。

このユーザーフレンドリーなツールは、市場構造、組織、プレイヤー、プロジェクト、ビジネスの見通しなど、あなたの懸念事項の国内市場に不可欠なものを提供します。