Publications

エジプト政府は2019年6月までに燃料補助金を終了する

9 4月 2019

国際通貨基金(IMF)が主導する改革プログラムの一環として、エジプト政府は2019年6月中旬までにほとんどの燃料に対する補助金を終了することを決定しました。国内では、液化石油ガス(LPG)や製パン工場で使用される燃料油を除くすべての燃料製品、および影響を受けない発電について、2018年から2019年の終わりまでに全費用回収に達することが約束されています。当局は、すべての燃料製品について燃料価格指数の計画的導入への段階的アプローチを選択することを決定しました。その上、政府も原油価格のヘッジを検討しています。電気補助金の改革は、2020年から2021年までに完全撤廃の目的に向けて計画されたように継続されます。

2016年の3年間の120億ドルのIMFローンプログラムの枠組みの下で、新たな20億ドルの融資の支払いが承認され、エジプトがエネルギー補助金を削減することを約束しました。 この最後の支払いにより、2016年11月にローンが調印されて以来、現在エジプトに割り当てられている総額は約100億米ドルになります。

 

私共のデイリーニュースレターの受信に登録する


発電プラントにご興味ありますか?

Enerdataは、発電資産の開発をスクリーニングし、モニターし、分析する市場調査サービスを開発しました。

Power Plant Trackerは、インタラクティブなデータベースと、世界中の発電所(設置済とプロジェクトの両方)をカバーする強力な検索エンジンを提供します。