Publications

欧州委員会、延期要請にもかかわらずEU ETSの締め切りを維持

2020年3月30日

欧州委員会は、2020年4月30日のヨーロッパ企業が排出量取引システム(ETS)の炭素許容量を手渡す期限を維持することを決定しました。既存の規則は、企業がその日付の付近に検証済み排出量報告を提出するのに十分な柔軟性を提供することを考慮しています。

EU ETSの下では、ヨーロッパで活動する電力会社、大規模産業、航空会社は、毎年のETS排出量を3月31日までに報告し、4月30日までに排出量をカバーする許可を放棄する必要があります。一部の産業ロビーは、閉鎖された工場のコンテキストで遅延を要求しました-ポーランド政府はまた、コロナウイルスの流行によりETS全体を停止することを提案しました-環境団体は遅延が炭素市場を混乱させるのではないかと恐れています。

EUのETSの価格は、世界的な経済停止により急落しています。 2020年3月の平均価格は、25ユーロ/ tCO2から約2年ぶりの15ユーロ/ tCO2へと40%近く低下しました。2019年には高炭素価格に対して操業を制限する必要がありましたが、このような低価格では、石炭火力および亜炭火力の発電所の収益性を改善する可能性があります。

 

私共のデイリーニュースレターの受信に登録する


包括的かつ最新のエネルギーおよびCO2データを検索しませんか?

そうであれば、Global Energy Market Data & CO2があなたのデータベースです! 石油、ガス、石炭、電力市場の世界的なカバレッジ、1970年からの全国需要と供給年次データの詳細な概観をご提供します。

このエネルギーデータベースは、毎月更新される完全に整合したデータセットを提供するために、当社のデータスペシャリストによって処理される400以上の公式データソースを活用