Publications

EUは2050年のカーボンニュートラル目標の採用に失敗

24 6月 2019

チェコ共和国、エストニア、ハンガリー、ポーランドがゼロ炭素排出量の具体的な日付の設定を拒否したため、欧州理事会は2050年までにカーボンニュートラルに関する画期的な合意に至ることができませんでした。 これらの4ヵ国はすべて火力発電に依存しています(2018年のチェコ共和国の電力構成の60%、ポーランドは89%、エストニアは94%、ハンガリーは47%、また原子力は49%)。 2050年までに火力発電を段階的に廃止することを約束することは、それらのエネルギーミックスの大幅な変化と多大な投資を意味します。ポーランドは、コストの「徹底的な分析」の前であるため、2050年までのカーボンニュートラルプランを拒否しました。合意の代わりに、ヨーロッパサミットの最終声明の脚注は、「加盟国の大多数にとって、気候の中立性は2050年までに達成されなければならない」と明記しています。交渉は2019年10月に再開される可能性があります。

2019年6月上旬に、欧州委員会はEUのエネルギー連合の目的とエネルギー効率の貢献を実行する加盟国の計画の評価の結果を明らかにし、集団的に野心をもったステップアップの必要性を強調しました。再生可能エネルギーに関しては計画が不十分であると発表した。ギャップは再生可能エネルギーで1.6パーセント、エネルギー効率(一次エネルギー消費を考慮した場合)で6.2パーセント、または6パーセント(最終エネルギー消費を考慮した場合)ほどあります。

私共のデイリーニュースレターの受信に登録する


包括的かつ最新のエネルギーおよびCO2データを検索しませんか?

そうであれば、Global Energy Market Data & CO2があなたのデータベースです! 石油、ガス、石炭、電力市場の世界的なカバレッジ、1970年からの全国需要と供給年次データの詳細な概観をご提供します。

このエネルギーデータベースは、毎月更新される完全に整合したデータセットを提供するために、当社のデータスペシャリストによって処理される400以上の公式データソースを活用