Publications

ヨーロッパでは、2019年に15 GWを超える新しい風力発電容量が設置されました

2020年2月18日

WindEuropeによると、ヨーロッパの風力発電容量は2019年に15.4 GWの設置により8%増加し、年末には205 GWに達しました。新規インストールは、2018年よりも27%増加しています。ただし、グリーンディールの目標を達成するには、この数を2倍にする必要があります。新規設置の3/4以上は陸上風力(11.7 GW)と1/4の洋上風力(3.6 GW)でした。 4か国が新規風力発電設備の55%を占めました:イギリス(+2.4 GW、ほぼ1.8 GWの洋上風力を含む)、スペイン(+2.3 GW)、ドイツ(+2.2 GW、その半分は洋上)、スウェーデン(+1.6 GW)。フランスは、気象条件と承認の遅れにより建設が遅れたにもかかわらず、2019年に1 GWを超える新しい風力発電容量(陸上で1.3 GW)を設置しました。

2019年末、ヨーロッパの風力発電容量の2/3は五か国に位置しています。ドイツ(61 GW)、スペイン(26 GW)、イギリス(24 GW以上)、フランス(ほぼ17 GW)、イタリア( 11 GW)。スウェーデン、トルコ、ポーランドがそれぞれ9 GW、8 GW、6 GWと続きました。風力は417 TWhを生成し、2019年のヨーロッパの電力消費量の15%を占めました。風力発電は、デンマークの電力ミックスの48%、アイルランドの33%、ポルトガルの27%、ドイツの26%、英国の22%をカバーしました。

私共のデイリーニュースレターの受信に登録する


世界のエネルギーリサーチにご興味ありますか?

Enerdataの評判の高いオンライン情報サービスは、貴重な市場データと分析だけでなく、石油、ガス、石炭、電力市場に関するニュースフィードを毎日110カ国以上で提供しています。

このユーザーフレンドリーなツールは、市場構造、組織、プレイヤー、プロジェクト、ビジネスの見通しなど、あなたの懸念事項の国内市場に不可欠なものを提供します。