Publications

トルコとアゼルバイジャンがヨーロッパへのTANAPガスパイプラインを開設

2019年12月3日

トルコとアゼルバイジャンは、65億米ドルのアナトリア横断天然ガスパイプライン(TANAP)ガスインターコネクターを正式に開設しました。 1,850 kmの長さのガスパイプラインは、アルダハンのトルコポソフ地区とエディルネのイプサラ地区のギリシャ国境の間を延びています。 TANAPパイプラインは、初期容量が16 bcm /年となるように設計されており、トルコ市場に6 bcm /年、ヨーロッパに10 bcm /年のガスを供給することを目的としています。後の段階で、追加の投資を行うことで、その容量を31 bcm /年に拡張することができます。 2020年10月に委託されるTrans Adriatic Pipeline(TAP)経由でヨーロッパにガスを輸出します。

パイプラインは、アゼルバイジャンのシャーデニズ2ガス田から天然ガスを出荷し、2018年7月に天然ガスの商業配送を開始しました。ガスパイプラインは、2019年11月以降、トルコ国営グリッドオペレーターBOTAŞに3.3 bcmの天然ガスを輸送し、 2019年6月から2020年6月の間にトルコに4 bcmを供給します。

Southern Gas Corridor(SGC、SOCARと49%、アゼルバイジャン経済省の51%のジョイントベンチャー)は、トルコのPetroleum Pipeline Corporation(BOTAŞ)30%)、BP(12%)およびSOCAR(7%)と提携してTANAPの51%の持分を保有しています。

 

私共のデイリーニュースレターの受信に登録する


世界のエネルギーリサーチにご興味ありますか?

Enerdataの評判の高いオンライン情報サービスは、貴重な市場データと分析だけでなく、石油、ガス、石炭、電力市場に関するニュースフィードを毎日110カ国以上で提供しています。

このユーザーフレンドリーなツールは、市場構造、組織、プレイヤー、プロジェクト、ビジネスの見通しなど、あなたの懸念事項の国内市場に不可欠なものを提供します。