Publications

ドイツのAmprion社が200GWの欧州洋上風力発電所の計画を発表

2020年6月29日

ドイツの送電システム事業者(TS0)Amprionは、北海における欧州の洋上風力接続の開発を目的とした長期計画「Eurobar(European Offshore Busbar)」を発表した。Amprionの調整システムにより、ドイツ、ベルギー、イギリス、デンマーク、フランス、ノルウェー、オランダは、2050年までに200GWの洋上風力発電の潜在能力を開発することが可能になる。この目標を達成するために、同社は2009~2019年の52億ユーロに対し、2028年までに152億ユーロの投資を行う予定だ。

2020年5月、ドイツ連邦経済エネルギー省、エネルギー規制機関である連邦ネットワーク庁(Bundesnetzagentur)、連邦船舶・水路局(BSH)、沿岸諸国のエネルギー省、送電システム事業者(TSO)3社(50Hertz、Amprion、TenneT)は、北海とバルト海の洋上風力発電の目標を2030年までに15GWから20GWに引き上げる共同洋上契約を締結した。ブンデスネッツェンツエーゲントゥールは、2019年のネットワーク開発計画の中で、新たな洋上風力発電所間に必要な接続回線をすでに確認している。BSHは引き続き、2020年末までにエリア開発計画を更新し、20GWの洋上風力の設置場所を特定する。沿岸州は承認プロセスを完了し、TSOは2030年までにこの20GWの洋上風力の目標を達成するために洋上ラインのコミッショニングを継続する。

私共のデイリーニュースレターの受信に登録する


世界のエネルギーリサーチにご興味ありますか?

Enerdataの評判の高いオンライン情報サービスは、貴重な市場データと分析だけでなく、石油、ガス、石炭、電力市場に関するニュースフィードを毎日110カ国以上で提供しています。

このユーザーフレンドリーなツールは、市場構造、組織、プレイヤー、プロジェクト、ビジネスの見通しなど、あなたの懸念事項の国内市場に不可欠なものを提供します。