Publications

G20はGHG排出削減を加速して1.5℃の目標を達成する必要がある

27 11月 2019

国連環境計画(UNEP)は、現在および将来の温室効果ガス(GHG)排出量を提示し、2015年パリ協定の合意に基づき、世界の気温上昇を1.5℃に制限するために実施する必要があるものを強調する「排出ギャップ報告書」を発表しました。 

報告書によると、世界のGHG排出量は過去10年間で平均1.5%/年増加し、2014年から2016年の間に一時的に安定した後、2018年に55.3 GtCO2eqの記録的な高値に達しました。エネルギー使用および産業からのCO2排出量は、2018年に2%増加し、37.5 GtCO2の記録となりました。GHG排出量が今後数年間でピークに達する兆候はありません。パリ協定の制限内でグローバルな警告を制限するには、より深く、より迅速な削減が必要です。2018年から2030年までの気温上昇を2℃以下に抑えるにはGHG排出量の25%の減少が必要です(55%削減によって1.5℃未満に抑制)。実際、2℃以下の目標を達成するために2020年から2030年までのGHG排出量の削減は2.7%/年、1.5℃の目標では7.6%/年が必要と推定されています。

G20諸国は世界のGHG排出量の78%を占めるため、その炭素政策は地球温暖化の多大な影響を及ぼします。 6つのG20メンバー、すなわち中国、EU28、インド、メキシコ、ロシア、トルコは現在の政策のままで無条件のNDC目標を達成することが予測されており、そのうち3つ(インド、ロシア、トルコ)については、NDCの目標排出レベルよりも15%以上低くなると予測されています。一方で、オーストラリア、ブラジル、カナダ、日本、韓国、南アフリカ、米国は、NDCの目標を達成するために政策を強化する必要があります。 UNEPの報告書では、1.5℃の一貫性のある気候政策を実施するには、2020〜2050年の期間にエネルギー投資を1.6兆米ドルから3.8兆米ドルに引き上げる必要があると推定しています。

 

私共のデイリーニュースレターの受信に登録する


包括的かつ最新のエネルギーおよびCO2データを検索しませんか?

そうであれば、Global Energy Market Data & CO2があなたのデータベースです! 石油、ガス、石炭、電力市場の世界的なカバレッジ、1970年からの全国需要と供給年次データの詳細な概観をご提供します。

このエネルギーデータベースは、毎月更新される完全に整合したデータセットを提供するために、当社のデータスペシャリストによって処理される400以上の公式データソースを活用