Publications

中国はチベットの水力発電容量を60 GWまで開発することを計画

2020年12月1日

中国は、チベットからインドとバングラデシュに流れるブラフマプトラ川(ヤルルン・ツァンボ)の一区間で、最大60GWの水力発電容量を開発する計画を立てている。このプロジェクトは、中国の第14次5カ年計画(2021~2025年)と2035年までの長期目標を策定するための提案に含まれていた。

中国は水力発電の可能性を約700GWと推定しており、これは現在の水力発電容量356GW以上(2019年)の2倍近くに相当する。2015年、中国はチベットのシャナン県にあるブラフマプトラ(ヤルルン・ザンボ)川に510MWのザンムー水力発電所(またはザム水力発電所)を試運転した。2020年11月、中国三峡電力(CTGPC)は、長江上の22.5GWの三峡水力発電プロジェクトをフル稼働させた。ダム、5層の船舶ロック、34基のタービンで構成されるプロジェクトは、すべての受入試験に合格した。1994年に着工し、2003年に発電を開始。2009年に竣工した。

私共のデイリーニュースレターの受信にす に登録


発電プラントにご興味ありますか?

Enerdataは、発電資産の開発をスクリーニングし、モニターし、分析する市場調査サービスを開発しました。

Power Plant Trackerは、インタラクティブなデータベースと、世界中の発電所(設置済とプロジェクトの両方)をカバーする強力な検索エンジンを提供します。