Publications

EU、バルト海の新電力相互接続プロジェクトに7億2,000万ユーロを助成

2020年10月5日

EU加盟国は、競争力の向上、EUのエネルギー供給の安全性の強化、安全・安心・効率的なネットワーク運用の促進を目的とした欧州の主要なエネルギーインフラプロジェクトに、欧州委員会の「欧州をつなぐファシリティ(CEF)」プログラムから9億9,800万ユーロを投資するという提案に同意した。

ファンディングの大部分(7億2,000万ユーロ)は、投資コストの75%をカバーするバルト海同期化プロセスの第2フェーズに向けられる。プロジェクトの第2フェーズでは、リトアニアとポーランド間の新しい海底HDVCリンク(ハーモニーリンクとも呼ばれる)の建設が含まれている。2018年、ポーランドとバルト三国は、2025年までにバルト三国のグリッドの同期化を締結するための期限で合意した。技術的なシナリオは、2018年のバルト海エネルギー市場相互接続計画(BEMIP)で承認された。2019年、欧州委員会はバルト海同期化に関するプロジェクトの第1フェーズに3億2300万ユーロの助成金を授与した。

私共のデイリーニュースレターの受信にす に登録


包括的かつ最新のエネルギーおよびCO2データを検索しませんか?

そうであれば、Global Energy Market Data & CO2があなたのデータベースです! 石油、ガス、石炭、電力市場の世界的なカバレッジ、1970年からの全国需要と供給年次データの詳細な概観をご提供します。

このエネルギーデータベースは、毎月更新される完全に整合したデータセットを提供するために、当社のデータスペシャリストによって処理される400以上の公式データソースを活用