Publications

インド、石炭火力発電所の新排出ガス規制の適用期限を延期

2021年4月6日

インド当局は、石炭火力発電所の新排出ガス規制の導入期限を延期しました。

環境・森林・気候変動省の新しい命令によると、人口の多い地域や首都ニューデリーに近い火力発電所(「クラスA」)は、二酸化硫黄の排出量を削減する排煙脱硫装置(FGD)を2022年末までに設置しなければなりません。汚染度の低い地域の電力会社は、「クラスB」の発電所では2023年末まで、「クラスC」の発電所では2024年末までに規制に適合するか、または発電所を停止する必要があります。廃止予定の発電所は、2025年末までに排出基準に合わせる必要があります。遵守しない場合は、インドルピー20c/kWh(米ドル0.3c/kWh)のペナルティが課せられます。

同国は当初、2017年を目標期日としていました。その後、地域ごとに期限を変え、2022年までのスケジュールに延長されました。

私共のデイリーニュースレターの受信にす に登録


発電プラントにご興味ありますか?

Enerdataは、発電資産の開発をスクリーニングし、モニターし、分析する市場調査サービスを開発しました。

Power Plant Trackerは、インタラクティブなデータベースと、世界中の発電所(設置済とプロジェクトの両方)をカバーする強力な検索エンジンを提供します。