Publications

インドの再生可能エネルギー容量(水力を除く)は93GWに到達

2021年3月17日

インド電力・新再生可能エネルギー省によると、インドは2021年2月時点で9,300万GWの再生可能エネルギー容量(大規模水力発電を除く)を有しており、その内訳は、太陽光発電と風力発電がそれぞれ約3,900万GW、バイオ発電が約1,000万GW、小水力発電が約480万GWとなっています。また、5,000万GW以上の再生可能エネルギープロジェクトが様々な段階で実施されており、2,700万GWが様々な段階で入札されています。

インドは、2022年までに1億7500万GWの再生可能エネルギー容量(大規模水力発電を除く)の達成を目指しています。インドの再生可能エネルギーのポテンシャルは10億9700万GWと推定されており、その内訳は、太陽光が7億4900万GW、風力が3億200万GW、小水力が2100万GW(それぞれ25MWまで)となっています。

私共のデイリーニュースレターの受信にす に登録


発電プラントにご興味ありますか?

Enerdataは、発電資産の開発をスクリーニングし、モニターし、分析する市場調査サービスを開発しました。

Power Plant Trackerは、インタラクティブなデータベースと、世界中の発電所(設置済とプロジェクトの両方)をカバーする強力な検索エンジンを提供します。