Publications

インドネシア、2025年までに11.7GWの再生可能エネルギー容量を増やす計画

2021年3月24日

インドネシアのエネルギー鉱物資源省は、2021-2025年の電力供給事業計画(RUPTL)のドラフトによると、2021年から2025年の間に、同国の再生可能エネルギー容量を11.7GW増やすことを計画しています。

インドネシアの総発電容量は67GW(2019年末)で、52%が石炭、27%がガス、10%が石油、8%が水力、3%が地熱という分布になっています。2010年以降、総発電容量は33GW増加しており、そのうち石炭が約22GW、ガスが8GWとなっています。再生可能エネルギーについては、2.7GWの水力発電と1.4GWの地熱発電を含め、4GW以上の容量が建設中です。また、約24GWの水力発電と14Gの地熱発電を含む39GWが開発のさまざまな段階にあります。

私共のデイリーニュースレターの受信にす に登録


発電プラントにご興味ありますか?

Enerdataは、発電資産の開発をスクリーニングし、モニターし、分析する市場調査サービスを開発しました。

Power Plant Trackerは、インタラクティブなデータベースと、世界中の発電所(設置済とプロジェクトの両方)をカバーする強力な検索エンジンを提供します。