Publications

インドネシアは2020年に炭素の実験的取引を開始する予定

2020年1月20日

インドネシア政府は、2020年末までに実験的な排出量取引制度を設立する予定です。これには、発電、セメント生産、肥料、パルプと紙が含まれます。 2020年3月に規制案を大統領に提出して承認を得ることができます。試験段階の後、2024年に完全なETSを開始することができます。

エネルギー燃焼からのCO2排出量は急速かつ定期的に増加しており(1990年から約4.5%/年)、1990年の147 MtCO2から2018年には522 MtCO2に増加しています。 インドネシアは、GHG排出量を2020年までに通常のビジネス(BaU)レベルと比較して26%、2030年までに29%削減することを約束しました。NDCは、国際支援により2030年までに41%削減という条件付き目標にも言及しています。

 

私共のデイリーニュースレターの受信に登録する


包括的かつ最新のエネルギーおよびCO2データを検索しませんか?

そうであれば、Global Energy Market Data & CO2があなたのデータベースです! 石油、ガス、石炭、電力市場の世界的なカバレッジ、1970年からの全国需要と供給年次データの詳細な概観をご提供します。

このエネルギーデータベースは、毎月更新される完全に整合したデータセットを提供するために、当社のデータスペシャリストによって処理される400以上の公式データソースを活用