Publications

原子炉の安全保障要件が日本のガス需要を押し上げる可能性がある

29 4月 2019

日本の原子力規制委員会(NRA)は、新しいテロ対策要件を満たすために原子炉の期限を延長する計画はないと発表した。

その結果、原子力事業者である九州電力、関西電力、四国電力は、時間内に要件を満たせなかった場合、2020年に原子力発電所を停止しなければならなくなる可能性がある。実際に原子炉を停止させると、LNGの輸入は大幅に増加し、オフラインの原子力発電所によるベースロード発電の潜在的な減少を相殺する可能性がある。歴史的に見て、日本は原子力発電の利用可能性が低い時期にガスで発電された電力消費量を増加させてきた。そして、天然ガスの価格がこれまでになく低いことから、ガス火力発電はこれまで以上に最も手頃な価格で信頼性の高い供給源になる。

日本の総電力容量は375GWで、そのうち228GWの火力(63GWのガス燃焼容量)を含む。

ガス火力発電能力は2014年以来2%/年で成長しており、国は208 MtのLNG再ガス化能力を持っている。 LNGの輸入は2015年以来約114 bcmで安定している。 天然ガスの3分の2以上が発電に使用されている。 2005年から2007年までの原子炉の閉鎖および2011年以降の天然ガスの消費は、2005年から2012年の間に非常に急速に(平均5.9%/年)増加した。 いくつかの原子力発電所の再開があったことで、2015年には4%減の126 bcm(2014年レベルから)。最近の消費量は、ガス火力発電と並行して、2018年には127 bcmに達した。

日本の太陽光発電は55.5GW、風力は3.6GW、水力発電は50GW、原子力エネルギーは40GW(うち8GWだけが運転中)である(2018年末時点)。

私共のデイリーニュースレターの受信に登録する


発電プラントにご興味ありますか?

Enerdataは、発電資産の開発をスクリーニングし、モニターし、分析する市場調査サービスを開発しました。

Power Plant Trackerは、インタラクティブなデータベースと、世界中の発電所(設置済とプロジェクトの両方)をカバーする強力な検索エンジンを提供します。