Publications

ノルウェー、2030年までの包括的な気候行動計画を発表

2021年1月12日

ノルウェー政府は、2030年までの包括的な気候行動計画を発表した。この計画では、排出量取引制度(ETS)に含まれない温室効果ガス(GHG)排出量に焦点を当てており、輸送、廃棄物、農業、建築物からの排出量、工業生産や石油・ガス産業からの一部の排出量が含まれている。

ノルウェーは、2012年から2030年の間に、EUとの間で、非ETS排出量の努力配分規制、土地利用・土地利用変動・林業(LULUCF)規制、EU排出量取引制度(EU ETS)といったEUの気候法制に参加するための協定に署名しており、2030年までに非ETS部門の排出量全体を40%削減することを目標としている。これは、GHG排出量への課税、規制措置、公共調達プロセスにおける気候関連の要件、気候に優しい選択肢に関する情報、新技術開発のための財政的支援、研究とイノベーションを促進するためのイニシアチブによって可能になるだろう。この計画では、炭素税の税率を現在の約590ノルウェークローネ/tCO2eq(57ユーロ/tCO2eq)から2030年には2000ノルウェークローネ/tCO2eq(193ユーロ/tCO2eq以上)まで段階的に引き上げることを提案しており、LULUCFセクターでのCO2除去と排出削減を検討しています。

私共のデイリーニュースレターの受信にす に登録


Заинтересованы в прогнозировании потенциала сокращения CO2?

Предельные затраты на снижение загрязнения окружающей среды (MACC) - очень мощный инструмент, используемый политиками, исследователями и бизнес-аналитиками для оценки мер борьбы с изменением климата, оценки их затрат и эффективности, а также моделирования рынков углерода, таких как ETS ЕС. Enerdata прогнозирует MACC по странам, регионам и секторам для 69 стран мира.