Publications

OPEC+は世界の石油供給量の漸増を続ける

2021年9月3日

"OPEC+は、5.8mb/dの生産調整を段階的に廃止するまで、毎月0.4mb/dずつ原油生産量を漸増させる計画を堅持することで合意しました。OPECと同盟国は、2021年7月に世界の石油供給量を段階的に増加させることで合意し、2021年8月に毎月の全体の生産量を上方修正することを開始しました。OPEC+では、市場の状況に応じて、2022年9月頃までに生産調整を完全に廃止していくことを目指しています。2022年5月以降、サウジアラビアとロシアのベースライン生産量は生産調整が計算されている11 mb/dから11.5 mb/dに増加します。同様に、アラブ首長国連邦のベースライン生産量は33万バレル/日(3.168 mb/dから3.5 mb/dへ)、イラクとクウェートはそれぞれ15万バレル/日増加します。また、ナイジェリアとアルジェリアのベースラインも修正される可能性があります。

また、OPEC+は2022年の需要拡大見通しを3.28mb/dから4.2mb/dへと上方修正しています。

私共のデイリーニュースレターの受信にす に登録


世界のエネルギーリサーチにご興味ありますか?

Enerdataの評判の高いオンライン情報サービスは、貴重な市場データと分析だけでなく、石油、ガス、石炭、電力市場に関するニュースフィードを毎日110カ国以上で提供しています。

このユーザーフレンドリーなツールは、市場構造、組織、プレイヤー、プロジェクト、ビジネスの見通しなど、あなたの懸念事項の国内市場に不可欠なものを提供します。