Publications

カナダの原油生産量は2039年にピークを迎えると予想される

2020年11月26日

カナダのエネルギー規制当局(CER)は、2050年までのエネルギー需給予測(EF2020)を発表し、温室効果ガス排出削減のための追加的な努力を行わず、化石燃料の需要が安定的に推移することを前提とした「参照シナリオ」(従来のベースライン予測)と、気候変動に対する世界的な行動が増加するという歴史的な傾向を継続することを前提とした「進化シナリオ」を含む予測を発表しました。

この進化シナリオでは、カナダの原油生産量は18%増加し、2039年には5.8mb/dに達すると予想されています。建設中の主要な原油パイプラインプロジェクトは、発展シナリオと参照シナリオの両方で、将来の生産量の増加に対応することができます。天然ガスの生産量は、LNG 輸出の増加により、2040 年には 17%増の 18.4 Bcf/d (190 bcm/年) になると予想されています。参照シナリオでは、原油と天然ガスの両方の生産量が増加すると予想されています。

進化シナリオでは、2019年にピークを迎えたカナダ国内の化石燃料消費量は、2030年には12%、2050年には35%減少すると予測されています。しかし、化石燃料消費量は2050年にはカナダの燃料構成の60%を占めると予想されています。石炭の消費量は2020年代には発電から段階的に削減されるため減少しますが、最終需要に占める電力の割合は2050年には27%に増加すると予測されています。再生可能エネルギーと原子力発電の利用は2050年までに31%増加し(再生可能エネルギーは45%増、原子力は2%増)化石以外の燃料の占める割合は2019年のエネルギー構成の23%から2050年には38%まで増えると予測されます。

私共のデイリーニュースレターの受信にす に登録


エネルギー予測にご興味ありますか?

EnerFutureサービスをご覧ください:すべてのエネルギーの需要と供給、部門別のCO2排出量、燃料別のによる発電量(発電量と容量の両方)の長期予測(2050年まで)をご提供します。