Publications

OPECとロシアは、原油生産の大幅削減の同意に至らなかった

2020年3月10日

石油輸出国機構(OPEC)とロシアは、原油価格を調整するための更なる原油減産の合意に至りませんでした。コロナウイルスの大流行により、2020年の世界の石油需要の成長予測は、1.1 mb/日(2019年12月の予測)から2020年には0.48 mb/日に抑えられた後、14のOPEC諸国は次のOPECおよび非OPEC会議の2020年6月30日まで1.5 mb/日の原油生産のさらなる削減を提案しました。この削減は、OPECメンバー(1 mb/日)と、OPEC以外の生産国(ロシア、カザフスタン、オマーンなど)(0.5 mb/日)の間で比例配分されていた。しかし、国家予算のバランスを取るために42.4米ドル/バレル(サウジアラビアの財政バランス平均価格83.6米ドル/バレルと比較して)の価格しか必要としないロシアは、石油生産のさらなる削減や、生産削減協定の対象ではない大規模生産者である対米国などの市場シェアの減少に消極的です。 2.1 mb/日の生産削減に関する現在の契約は、2020年3月31日に失効し、延長されません。さらに、サウジアラビアは、自国の原油生産を引き上げると発表しました。

これらの決定により、たちまち国際市場で原油価格が急落し、2020年の年初以来30%以上を失いました。これらは世界的な石油過剰供給と価格下落をもたらすとともに、原油価格が倍以上になった過去10年間、非従来型資源の恩恵を受けたものの、シェールオイルとタイトな石油生産の利益を上げるために50ドル/バレル以上の価格が必要な米国の石油生産者に損害を与える予想されます。

2018年12月、いわゆるOPEC +(OPECメンバーと関連石油生産者をグループ化)は、グローバルな石油価格の強化のため、2019年1月から6か月間、原油生産を1.2 mb/日削減することに合意しました。この減産は、OPEC諸国(0.8 mb/日、イラン、リビア、ベネズエラは免除)とロシアなどの非OPEC諸国(0.4 mb/日)で共有されました。 2019年7月、両当事者は、自主的な生産調整を2019年7月1日から2020年3月31日までの9か月の追加期間に延長することを決定しました。2020年2月、OPEC +は、2020年3月初旬の次回会合まで、原油生産をさらに0.5 mb/日削減することに同意しました。この合意により、合計1.7 mb/日の調整が行われました。 さらに、サウジアラビアは、0.4 mb/日の追加の自発的貢献を継続することを決定し、2.1 mb/日を超える調整に至りました。 ロシアは、2020年第1四半期にガスコンデンセートを除く0.3 mb/日の割り当てに同意しました。

 

私共のデイリーニュースレターの受信に登録する


世界のエネルギーリサーチにご興味ありますか?

Enerdataの評判の高いオンライン情報サービスは、貴重な市場データと分析だけでなく、石油、ガス、石炭、電力市場に関するニュースフィードを毎日110カ国以上で提供しています。

このユーザーフレンドリーなツールは、市場構造、組織、プレイヤー、プロジェクト、ビジネスの見通しなど、あなたの懸念事項の国内市場に不可欠なものを提供します。