Publications

サウジアラビア、2030年までに電力の50%を自然エネルギーで賄う目標を掲げる

2021年3月30日

サウジアラビアは、「サウジ・グリーン・イニシアチブ」を立ち上げ、2030年までに電力の50%を自然エネルギーで賄うことを目標としています。2019年のサウジアラビアの電力構成は、ガスが65%を占めており、残りは石油でカバーしています。また、CO2排出量の削減も目指しており、クリーンな炭化水素技術の分野でプロジェクトを実施し、130MtCO2以上のCO2排出量を解消すること(NDCで設定された排出量削減目標)や、廃棄物の埋立地からの転換率を94%に引き上げることを計画しています。

この2030年までに130MtのCO2を削減するという目標は、サウジアラビアのNDCで設定された目標と一致しています。サウジアラビアのCO2-エネルギー排出量は、1990年から2015年にかけて5%/年で急増し、その後は安定して推移し、2018年には減少に転じました(533 MtCO2)。一人当たりのCO2排出量は、2018年には16tCO2/cap(世界第7位の人口当たり排出量)に達し、世界で最も高い水準にありますが、他の湾岸諸国と同程度の水準です。

私共のデイリーニュースレターの受信にす に登録


包括的かつ最新のエネルギーおよびCO2データを検索しませんか?

そうであれば、Global Energy Market Data & CO2があなたのデータベースです! 石油、ガス、石炭、電力市場の世界的なカバレッジ、1970年からの全国需要と供給年次データの詳細な概観をご提供します。

このエネルギーデータベースは、毎月更新される完全に整合したデータセットを提供するために、当社のデータスペシャリストによって処理される400以上の公式データソースを活用