Publications

シンガポールは、2030年のピーク時のGHG排出量を2050年に半減することを約束

2020年3月3日

シンガポールは、2050年までに2030年のピークから発生する温室効果ガス(GHG)排出量を半減することを目指しています。 新しいGHGである三フッ化窒素(NF3)を含む新しい目標は、2020年のシンガポールの国家決定貢献(NDC)の更新に含まれます。

新しい目標を達成するために、シンガポールは、経済を変革してGHG排出量、特にエネルギーおよび輸送部門を削減し、新興の低炭素および炭素回収利用および貯蔵(CCUS)技術に資金を供給し、炭素市場の地域の電力網創出の創出に寄与します。さらに、2020年末までに予想される350 MWから2030年までに2 GWの太陽光発電容量に到達するという高い目標を掲げています。2015年のNDC提出では、2030年までに2005年のレベルからGHG排出原単位を36%削減し、2030年頃に排出量のピークに達するという目標を約束しました

私共のデイリーニュースレターの受信に登録する


包括的かつ最新のエネルギーおよびCO2データを検索しませんか?

そうであれば、Global Energy Market Data & CO2があなたのデータベースです! 石油、ガス、石炭、電力市場の世界的なカバレッジ、1970年からの全国需要と供給年次データの詳細な概観をご提供します。

このエネルギーデータベースは、毎月更新される完全に整合したデータセットを提供するために、当社のデータスペシャリストによって処理される400以上の公式データソースを活用