Publications

南アフリカの復興計画では、2022年までに11.8GWの新容量を追加する必要がある。

2020年10月19日

南アフリカ大統領は、5,000億ザール(300億米ドル)の「南アフリカ経済再建・復興計画」を発表した。GDPの10%を占めるこの計画は、新型コロナパンデミックの影響を大きく受けた南アフリカ経済の回復を早めることを目的としている。

政府は、統合資源計画(IRP)の実施を加速させることで、発電能力を急速に拡大する方針だ。IRPでは、再生可能エネルギー源、蓄電池、ガス技術の貢献度を高め、2022年までに約11,800MWの新発電容量をシステムにもたらすことが期待されている。このエネルギーの半分以上は再生可能エネルギーで発電されることになる。さらに、政府は現在、2021年6月までに既存のプロジェクトから2,000MWの追加容量を接続するために、独立系発電事業者(IPP)との契約を最終調整中である。最後に、リスク軽減電力調達プログラムにより、12ヶ月以内にさらに2,000MWの緊急供給が可能になるはずである。

私共のデイリーニュースレターの受信にす に登録


発電プラントにご興味ありますか?

Enerdataは、発電資産の開発をスクリーニングし、モニターし、分析する市場調査サービスを開発しました。

Power Plant Trackerは、インタラクティブなデータベースと、世界中の発電所(設置済とプロジェクトの両方)をカバーする強力な検索エンジンを提供します。