Publications

韓国、6GWの浮体式洋上風力発電所の建設計画を支援

2021年5月11日

韓国当局は、2030年までに蔚山沖に6 GWの浮体式洋上風力発電所を建設する計画を発表しました。このプロジェクトは、官民パートナーシップの下で開発され、36兆ウォン(320億米ドル)の投資が必要です。この発電所では、84,000トン/年のクリーンな水素が生産される予定です。

2021年5月初め、韓国石油公社(KNOC)は、韓国の蔚山南東港沖に位置する200MWのDonghae-1浮体式洋上風力発電プロジェクトの予備的なフィージビリティ・スタディを完了しました。2022年に建設を開始し、2026年に試運転を開始する予定です。

風力は、韓国の設備容量の1%を占め、2020年には1.65 GWとなっています。16GW以上の風力発電プロジェクトが様々な段階で開発されています。韓国は、2030年までに16.5GWの風力発電容量に到達することを目指しています。

私共のデイリーニュースレターの受信にす に登録


発電プラントにご興味ありますか?

Enerdataは、発電資産の開発をスクリーニングし、モニターし、分析する市場調査サービスを開発しました。

Power Plant Trackerは、インタラクティブなデータベースと、世界中の発電所(設置済とプロジェクトの両方)をカバーする強力な検索エンジンを提供します。