Publications

英国の更新したNDCは2030年までに温室効果ガス排出量を68%削減する目標を掲げている。

2020年12月7日

英国政府は、国が決定する貢献(NDC)を更新した。同国は、温室効果ガス(GHG)の排出量を従来のNDC目標である2030年までに1990年比53%削減目標に対し、68%削減することを目指すこととした。2019年6月、英国は2050年までに排出量をネットゼロにするという目標を掲げた法律を採択した。これは、英国が引き続きGHG排出量を削減することを意味し、残留する排出量は、植林や炭素回収・貯蔵(CCS)のような技術の利用など、同等量のGHGを相殺するスキームでバランスを取る必要があることを意味する。

2020年11月、政府は「2030年までのグリーン産業革命のための10項目計画」を発表した。この政策では、2050年までに温室効果ガス(GHG)排出量をゼロにするために120億ポンド(134億ユーロ)の政府投資を動員する。国は、大規模・小規模の原子力発電所の開発を支援するために5億2500万ポンド(5億8800万ユーロ)の投資を行い、新しい先進的なモジュール式原子炉の研究開発を行い、産業、輸送、電力、家庭用に2030年までに5GWの低炭素水素製造能力を育成するために5億ポンド(5億6000万ユーロ)の投資を行う。

私共のデイリーニュースレターの受信にす に登録


包括的かつ最新のエネルギーおよびCO2データを検索しませんか?

そうであれば、Global Energy Market Data & CO2があなたのデータベースです! 石油、ガス、石炭、電力市場の世界的なカバレッジ、1970年からの全国需要と供給年次データの詳細な概観をご提供します。

このエネルギーデータベースは、毎月更新される完全に整合したデータセットを提供するために、当社のデータスペシャリストによって処理される400以上の公式データソースを活用