Publications

イギリス、EU ETSとは連動しない独自のETSを開始

2021年5月20日

イギリスは独自の炭素市場を立ち上げ、政府の許可証(600万トン以上の英国排出枠)の最初のオークションを実施しました。2021年12月のEU排出枠(EUA)契約が50.86ユーロ/tで取引される中、指標となる2021年12月の英国排出枠(UKA)契約は50.23ポンド/t(58.25ユーロ/t)で始まりました。EU ETSの価格は、最近では記録的な-57ユーロ/t前後に達していましたが、英国ETSの開始もあり、2021年5月中旬には約10%下落しました。英国の市場関係者も参考価格としてEU排出枠(EUA)を購入していますが、英国ETSはEU ETSとは連動していません。

ICEを通じて排出されるCO2の1トンごとに発電所や産業プラントに課金する新しい排出権取引制度(ETS)は、英国がBrexit移行期間終了後の2020年12月に離脱したEU ETSに代わるものです。2021年には約8,300万トンの排出枠がオークションにかけられるはずで、これは英国ETSの2021年の総排出枠である約1億5,600万トンの排出枠の半分以上にあたります。2021年に定置型施設に無料で割り当てられる排出枠は約4,000万トンあります。EU ETSとは異なり、UK ETSではオークションの最低価格を22ポンド/トン(25.5ユーロ/トン)に設定しており、急激な価格高騰を避けるために、より多くの許可証をオークションにかける「コスト抑制メカニズム」が盛り込まれています。

私共のデイリーニュースレターの受信にす に登録


世界のエネルギーリサーチにご興味ありますか?

Enerdataの評判の高いオンライン情報サービスは、貴重な市場データと分析だけでなく、石油、ガス、石炭、電力市場に関するニュースフィードを毎日110カ国以上で提供しています。

このユーザーフレンドリーなツールは、市場構造、組織、プレイヤー、プロジェクト、ビジネスの見通しなど、あなたの懸念事項の国内市場に不可欠なものを提供します。