Publications

米国の純ガス輸出は2021年までにほぼ倍増すると予想されています

2020年1月27日

米国エネルギー情報局(EIA)によると、米国におけるガスの輸出と輸入のギャップは、2020年と2021年に拡大すると予想されています。米国のガス輸出は、ガスの輸入を、2020年には平均7.3 bcf/d(約206 mcm/d dまたは75 bcm/年)、2021年には8.9 bcf/d(252 mcm/d、または92 bcm/年)まで上回るでしょう。

2019年、ガス輸出(LNG輸出ターミナルへの配送とメキシコへのパイプライン輸出)がガス生産の12%を占めました。ガスの輸出の増加は、メキシコへのパイプラインによる輸出と操業を開始する新しいLNGプラントによって促進されます。テキサス州とメキシコ南部のベラクルス州との間のシュールテキサストゥスパン(Sur de Texas–Tuxpan)ガスパイプラインの最近の試運転は、メキシコへのガス輸出能力の向上に貢献し、メキシコの新しいガスパイプラインは2020年に米国からの輸入を増やすでしょう。 米国のLNG輸出は、2019年に2倍以上になり、2020年に稼働すると新しい液化ユニット(Cameron LNGのトレイン2とトレイン3、Freeport LNGのトレイン3、Elba島の6つの小型トレイン)および2021年(Corpus Christi-3))により再び増加すると期待されています。

需要面では、カナダからの米国へのガス輸入は、アパラチア地域の国内生産が豊富であるため、2015年以降着実に減少しています。ただし、米国は2050年までカナダからの純ガス輸入国であり続けると予想されます。

 

私共のデイリーニュースレターの受信に登録する


LNGデータベースにご興味ありますか?

世界のLNGデータベースWorld LNG Databaseは、LNG市場に関する完全なデータを提供しています。 このサービスは、既存および計画された液化プラントおよび再ガス化プラントに関する詳細な情報を提供します。 また、世界中のLNGの船積み、LNG契約、再ガス化および液化容量の時系列、LNGフローおよびLNG価格も市場のすべてのプレーヤーに含まれます。