Publications

風力発電は、2019年のデンマークの電力消費の47%をカバーしました

2020年1月6日

デンマークの送電網事業者Energinetによると、風力は2019年の国内電力消費量の47%を占め、2017年の43%という過去の記録を上回りました。2018年には、風力はデンマークの電力需要の41%を占めました。 2019年1月にヴァッテンフォールが運営するデンマーク西海岸沖の407 MWホーンズRev 3オフショアウィンドパークの試運転は、高風力発電の大部分を占め、また、2019年末にフル稼働に達し、出力は1.7 TWh /年となりました。

洋上風力発電は、2019年のデンマークのエネルギー消費量の18%をカバーしました。2018年の14%からのアップです。デンマークは、2030年までに合計2.4 GWの3つの新しい洋上風力プロジェクトを計画しています。 2019年6月、政府はデンマーク議会のすべての政党と2030年までのグリーン移行を支援することに合意しました。この合意には、2030年までに100%グリーン電力の目標を達成するための「大規模投資」と、次の10年間で陸上風力タービンの数を70%削減する約束が含まれます。2019年12月、議会は、2030年までに温室効果ガス(GHG)排出量を70%(1990年レベルと比較)削減し、2050年までにネットゼロ排出に向けて、法的拘束力のある国家気候法を採用しました。

 

私共のデイリーニュースレターの受信に登録する


包括的かつ最新のエネルギーおよびCO2データを検索しませんか?

そうであれば、Global Energy Market Data & CO2があなたのデータベースです! 石油、ガス、石炭、電力市場の世界的なカバレッジ、1970年からの全国需要と供給年次データの詳細な概観をご提供します。

このエネルギーデータベースは、毎月更新される完全に整合したデータセットを提供するために、当社のデータスペシャリストによって処理される400以上の公式データソースを活用