Publications

世界のエネルギー動向2020年-アップデート

2020年10月12日

COVID-19の影響を反映した新しい統合統計と推定

 

Energy Trends 2020

2020年は私たちが期待したようなものではありませんでした。 Covid-19パンデミックの絶え間ない拡大は、世界中の封鎖が経済活動の低下につながったため、世界のエネルギー需要に劇的な影響を与えました。 Enerdataでは、世界のエネルギー市場を継続的に監視しており、最新の統計と最新の短期推定を活用して調査結果を共有したいと考えています。

このGlobal Energy Trends公開の四半期ごとの更新では、すべてのエネルギーと排出量の統計、2020年9月末までの統合電力データ、および今年の残りの期間のロバストな推定を取り上げ、G20主要国(中国、米国、およびEU 28)を対象に分析を行っています。特に、封鎖後のエネルギー需要の回復、G20諸国の電力構成の進化、またはCO2排出削減がエネルギー需要の削減を上回っているかどうかにも注目しています。また、他に類を見ない影響を受けた運輸部門にも焦点を当てます。

 

 

2020年の新しい推定:世界

 

 

-4.5%

経済成長
 

-5.9%

エネルギー消費*
 

-8.6%

CO2排出量*

 

  • エネルギー消費量はGDPより30%速く減少しています
  • 炭素係数が比較的高いセクター(火力発電、輸送)に対する経済危機の影響が大きいため、CO2排出量はエネルギー消費量よりも50%速く減少しています。

*国際航空および海上輸送を含みます(Counrty Dataには含まれていません)。

 

 

予想通り、世界経済は2020年第2四半期に崩壊しました

四半期GDP成長率(%、2019年第4四半期、2020年第1四半期、2020年第2四半期)

四半期のGDP成長率

 

Global Energy Trends Publicationに詳述されているその他の注目すべき2020年の主な調査結果:

  • 2020年のCO2排出量の減少は歴史的なものですが、注意が必要です。これは主に、衛生危機時期の景気後退と封鎖政策の直接的な結果です。
  • 電力ミックスにおける再生可能エネルギーの比率の増加も顕著な影響を及ぼしていますが、おそらく一時的なものです(少ない電力需要)。関連事業者がこの分野への投資を遅くするかどうかに応じて、良くて以前の軌道に戻るか、最悪の場合は減速を経験します。
  • 景気回復と人々の流動性によっては、2021年のCO2排出量のリバウンド効果が見込まれます。

 

エネルギートレンド2020

2020年5月19日

2019年の実際の統計と2020年の予測を加えたEnerdataの分析は。

 

2019年は世界経済の減速(-0.6ポイント)がエネルギー消費の伸びを大幅に低下(2018年は2.2%だったのに対し、0.6%)させました。

本書では、世界と地域の数字を分析し、一部の主要国まで掘り下げています。さらに、COVID19の状況が世界のエネルギー市場に与える影響を評価するために、短期から中期のシナリオを精緻化しています。

記録されたウェビナーを見る

 

G20 * 2019年の主なエネルギー数値

 

+3.1%

   

経済成長

購買電力平均価格で

2018:       +3.7%
2007-17: +3.2%

 

+0.6%

   

エネルギー消費量の緩やかな上昇

 

2018:       +2.2%
2007-17: +1.2%

 

- 3.6%

   

石炭消費量の減少

   

2018:       +0.6%
2007-17: +1.2%

 

* G20諸国が世界のエネルギー消費量の80%を占める

変化が特に激しかったのは石炭で、その消費量は大幅な減少(2018年は+0,6%だったのに対し、-3,6%)を記録した一方で、石油消費は加速(+1,2%)し、ガス消費は米国のガス生産の急増に拍車をかけて上昇傾向(+3,2%)を続けています。

電力消費の伸びは、経済状況の悪化を受けて、ほとんどのG20諸国で伸びが鈍化(合計+0,7%)し、一部の国では減少しました。

G20におけるその他の注目すべき2019年の動向、世界のエネルギー動向に関する出版物に詳述されています:

  • 天然ガス消費量の驚異的な増加(+3.2%)、世界の増加の30%以上を米国が占めている。
  • 石油とガスの消費量(それぞれ+1,2%、+3,2%の伸び)はまだピークに至っていない。
  • 2019年のG20の電力消費の伸びは大幅に鈍化(2018年の+3,6%に対して+0.7%)。G20の電力消費量の1/3を占める中国は4.5%の伸びを記録したが、2007年以降に観測された平均的な伸び(7.5%/年)を大きく下回った。
  • 再生エネルギーの力強い開発が続いている。風力発電で+11%、太陽光発電で+22%と、2018年よりは遅いが、他のどの電源よりも高い伸びである。
グローバル・エネルギー&CO2データ

グローバル・エネルギー&CO2データ

Enerdata Global Energy Databaseは、最も包括的で(186カ国、国別に2 000までの指標)このエリアでの最新の情報源にアクセスできます。

続きを読む 無料トライアル