Publications

2019年版の世界エネルギー動向:2018年の歴史的に高水準のエネルギー消費量とCO2排出量

21 5月 2019

世界のエネルギー動向と気候影響に関するEnerdataの分析とキーとなる数値

 

get 2019 presentation

毎年、アナリストは国際的に認められたデータベースと専門知識を活用して、グローバルエネルギートレンドを作成しています。これは、昨年のエネルギー市場の動向とその結果としての環境への影響に関する総合的な独立調査です。

この出版物は、G20が世界のエネルギー需要の80%を占めているため、世界のエネルギーと気候を理解するための鍵であるG20諸国を分析し、世界市場における重要な2018年の進化を強調しています。

世界のエネルギー動向2019へのアクセス 公式プレスリリースを読む 記録されたウェビナーを見る

 

 

 

G20 * 2018年の主なエネルギー数値

 

+3.8%

   

経済成長

購買電力平均価格で

2017:       +3.8%
2005-16: +3.4%

 

+2.1%

11.2 Gtoe

エネルギー消費量の増加

 

2017:       +2.2%
2005-16: +1.5%

 

+1.7%

27 GtCO2

CO2排出量の新記録**

   

2017:       +2.3%
2005-16: +1.4%

 

* G20諸国が世界のエネルギー消費量の80%を占める
**エネルギー燃焼によるエネルギー関連のCO2排出量(CO2排出量の80%超)

 

安定した経済成長、エネルギー原単位の緩やかな減少、およびG20のエネルギーミックスの緩やかな進化は、これらの点で2018年を2017年と非常によく似たものにしました。上の図が示すように、この組み合わせは過去最高のエネルギー需要(+ 2.1%)とエネルギー関連のCO2排出量(+ 1.7%)をもたらしました。

OECDでは、米国の寒い冬と暑い夏、およびEUの穏やかな天気と相まって、良好な水力発電の利用可能性など、いくつかの周期的要因がこれらの変化に寄与しました。

OECD以外では、需要の伸びはガスと電力(6%増)に牽引されましたが、石炭と石油も増加しました(2〜3%増)。

 G20 2018 demand growth by energy

G20におけるその他の注目すべき2018年の動向、世界のエネルギー動向に関する出版物に詳述されています:

  • 中国とアメリカが全世界の増加の70%以上を占める天然ガス消費量の劇的な増加(+ 4.8%)。
  • 石油とガスの消費量のピークはまだありません(それぞれ+ 1%と+ 0.7%の成長)。
  • 3.7%の電力消費の増加 - 通常の電気の成長率。通常、用途の電化により他のエネルギーよりも急速に成長します。
  • 再生可能エネルギーの強力な開発:風力発電で+ 10%、太陽光発電で+ 24%。ただし、容量の追加は加速されていません。

 

グローバル・エネルギー&CO2データ

グローバル・エネルギー&CO2データ

Enerdata Global Energy Databaseは、最も包括的で(186カ国、国別に2 000までの指標)このエリアでの最新の情報源にアクセスできます。

続きを読む 無料トライアル