Publications

世界のエネルギー動向

2022年9月1日

レポート - 2022年版 年次ベンチマークと長期的影響

本レポートでは、2020年対2021年のエネルギー・気候データのベンチマーク、「欧州ガス危機、どのような結果を予想すべきか」についての詳細な分析、および世界のエネルギー情勢の今後の展開と関連施策に関するManfred HAFNER氏の独占インタビューをお届けしています。

 2021年エネルギー気候統計の統合、および2030年までの予測

2022年6月28日

パンデミック後の景気回復は、2021年のエネルギー消費量とエネルギー関連CO2排出量の増加を意味し、2019年の水準を上回った。これから、最近起きた大きなゲームチェンジャーの余波はどうなるのでしょうか。

 本書では、当社独自のデータベースを活用し、専門家による詳細な分析結果を提供しています。

  • 世界的に、2021年の経済活動とエネルギー需要は2019年のレベルを超え(それぞれ+1.3%、+0.4%)、2021年のCO2排出量のリバウンド(+5.9%)は2020年の減少(-4.9%)を補って余りあるものである。
  • 欧州では、ウクライナ戦争がすでに逼迫した市場に圧力を加え、エネルギーインフレは2022年に前例のない水準に達しつつある。短期的には、原油価格の下落が予想されるが、欧州のガス価格はそうではない。
  • とはいえ、ガスの最終消費量には大幅な削減の余地がある。

 

 

 

2020年対2021年におけるG20諸国の主要エネルギー数値の比較

 

G20諸国は、世界のエネルギー消費の80%を占めています。

Figures in orange: data for 2021

Figures in blue: data for 2020

 

 

+5.9%

-3.2%

   

2021 年景気回復

購買力平価ベース

   

2019-21: +1.3%
2009-19: +3.6%

 

+5%

-4%

11.4 Gtoe

エネルギー消費のリバウンド

   

 

2019-21: +0.4%
2009-19: +1.7%

 

+5.9%

-4.9%

27.5 GtCO2

2021年レベル>2019年レベルでCO2排出量*が回復

 

2019-21: +0.3%
2009-19: +1.3%

 

*エネルギー燃焼によるCO2排出量(CO2排出量の80%超)。

 

キーテイクアウェイ

  • 健康対策と経済危機の影響は、主にサービス、運輸、炭素集約的な発電のセクターで感じられた。
  • 新しいRES能力(風力、太陽光発電)は、危機にもかかわらず増加している。
  • 2021年末までに、エネルギー効率と脱炭素化の指標は以前のトレンドに戻ったが、パリ協定の目標を達成するにはほど遠い。

 

G20各国のエネルギー関連CO2排出量(%/年)の推移

Energy related co2 emission in G20 countries (%/year)

Source: Enerdata

  • 2021年のCO2排出量は、2019年のレベルを1%下回り、パリ協定の目標に到達するための2℃パスとは逆の方向に進んでいる。
  • Covid-19後の経済回復により、原材料やエネルギーの需要が旺盛になっている。

 

フォワード価格から見た欧州ガス価格とブレント価格の予測

Projection of European gas price and brent price from forward price

Source: Enerdata; Energymarketprice、2022年6月14日現在

  • ウクライナ危機は、すでに逼迫している市場に圧力を加える
  • EUは、特にロシアからの輸入に天然ガスを依存するようになっていた。
  • 効率と充足性の対策でエネルギー消費に取り組むことは、これまであまり活用されていないEUにとって重要な選択肢である。

 

グローバル・エネルギー&CO2データ

グローバル・エネルギー&CO2データ

Enerdata Global Energy Databaseは、最も包括的で(186カ国、国別に2 000までの指標)このエリアでの最新の情報源にアクセスできます。

続きを読む 無料トライアル