Publications

グローバル・エネルギー・トレンド - 2021年版

2021年6月3日

COVID-19の影響と構造変化を含む、統合した2020年のエネルギーと排出量の統計と2021年の予測

 

Covid-19は2020年に大きな混乱をもたらしましたが、その影響は循環的であり、2021年のエネルギー消費と排出量は過去の傾向に戻る予定です。

  • 2020 年に 3.5% 減少した後、エネルギー消費は 2021年には回復して4.1% 増加すると予想されます。
  • ロックダウン状況により、2020年にCO2排出量は5.2%減少しましたが、2021年の予測では、排出レベルは2019年よりも低いままになると予測しています。

 

 

2021年のプレゼンテーションの全文を見る (英語でのプレゼンテーション)

 

 

  • 『Global Energy Trends』は、当社の専門家が独自のデータベースを活用して行った詳細な分析結果を提供しています。Covid-19がエネルギーやCO2排出量にどのような影響を与えたのか、また、パンデミックによってどのような構造的変化が予測され、引き起こされるのか、あるいは悪化するのか
  • 2030年、2050年のエネルギー・気候目標にどのような影響を与えるのか?

 

G20諸国の主要なエネルギー数値の2020年と2021年の比較

 

G20諸国は世界のエネルギー消費の80%を占める

オレンジ色の数字:2021年のデータ

青色の数字:2020年のデータ

 

 

+6.5%

-3.3%

   

2021 年景気回復

購買力平価ベース

   

   

2019-21: +0.8%
2009-19: +3.5%

 

+4.1%

-3.5%

11.2 Gtoe

エネルギー消費のリバウンド

   

   

2019-21: +0.2%
2009-19: +1.5%

 

+4.4%

-5.2%

26.8 GtCO2

CO2排出量*はリバウンドするが、2021年レベル<2019年レベル

 

2019-21: -0.9%
2009-19: +1.3%

 

*エネルギーの燃焼によるCO2排出量(CO2排出量の80%以上)

 

重要なポイント

  • 2020年には、ロックダウン状態の世界的なパンデミックにより、第二次世界大戦以来最悪の経済危機が発生しました。
  • その影響は、主に第三次産業、運輸、炭素集約型の発電に及びました。
  • 新しいRESの設置容量(風力、太陽光発電)は、危機の間、より高い成長率を享受しており、この高水準を維持すると予想されています。
  • しかし、2021年には、GDPが2019年の値を上回ることから、最初の数ヶ月間に基づいて、G20諸国では景気回復が順調に進むと予想されます。
  • エネルギー消費量は、中国を除き、2020年に急激に減速しましたが、これは循環的な落ち込みに過ぎず、2021年には2019年のエネルギー消費量に戻ります。

 

G20全体のエネルギー消費量の伸び率(%/年)

G20全体のエネルギー消費量の伸び率(%/年

出典: Enerdata

これまでの2021年のCO2排出量は、2019年のレベルより1%少ない

CO2-エネルギー関連排出量

CO2-エネルギー関連排出量

出典: Enerdata

その結果、2021年末時点では、エネルギー効率と脱炭素化の指標は、パリ協定の目標を達成するための2℃パスにはまだ程遠いものとなります。

2030-2050: ネット・ゼロ・エミッションへの道

EnerFuture社の世界的なエネルギー予測により、長期的なエネルギー消費とCO2排出量のトレンドが3つのシナリオで予測されています。

  •     グレーの曲線は、既存の政策と実際のトレンドを維持するシナリオ。
  •     灰色の曲線は、既存の政策と実際のトレンドを維持するシナリオ、青色の曲線は、パリのCOP-21以降に定められたNDC(国家確定拠出金)が成功裏に達成された場合のシナリオです。
  •     緑の曲線は、より厳しいエネルギー・気候政策が適用され、各国がNDCの約束を果たした後、定期的に排出量の目標を見直すというシナリオである。"

 

CO2-エネルギー排出量の推移 - 世界

CO2-エネルギー排出量の推移 - 世界

出典:Enerdata社EnerFutureのシナリオ

重要なポイント

  • 0 - 排出量の歴史的なトレンドは上昇傾向が続く。
  • 1 - 2020年の急激な減少と2021年の回復は、基本的には本質的に連動している。
  • 2 - 各国の長期目標は、1.5-2℃に適合しているか?
  • 3 - 新たな2030年目標は整合的か?
  • 4 - 2021-2022年にフォローすべき重要なレバーとポイントは何か?

2030-2050年の推計値がネット・ゼロ・エミッション目標と一致しているかどうかを確認するには、2021年のプレゼンテーションの全文にアクセスしてください。

グローバル・エネルギー&CO2データ

グローバル・エネルギー&CO2データ

Enerdata Global Energy Databaseは、最も包括的で(186カ国、国別に2 000までの指標)このエリアでの最新の情報源にアクセスできます。

続きを読む 無料トライアル