Publications

南アフリカは13.8 GWの電力調達で前進

2020年3月23日

南アフリカの国家エネルギー規制当局(NERSA)は、鉱物資源エネルギー省(DMRE)による、約2 GWの新しい電力容量の調達についてコメントする2つの招待状を発行しました。

電力の統合リソースプラン(IRP)2019〜2030(2019年10月にリリース)で合意されているように、南アフリカのDMREは、負荷制限とディーゼル燃焼ピークパワーユニットの広範な使用のリスクを低減するために、2019〜2022年の期間にわたって2,000 MWの技術中立電力容量の調達を目指しています。発電容量は、既存のプロジェクトを含めて、できるだけ低いコストで、できるだけ早く国の電力網に接続する必要があります。さらに、国は、国営電力会社Eskomが2030年から2050年の間に石炭火力発電所を停止して置き換えを助けるように、6,800 MWの風力および太陽光PV容量、3,000 MWのガス火力発電容量、1,500 MWの石炭火力発電容量、および513 MWの電力貯蔵の調達を目指しています。 

IRPは、2030年までに最大6 GWの新しい大規模太陽光発電容量と6 GWの新しい分散型発電容量の目標を設定します。

私共のデイリーニュースレターの受信に登録する


発電プラントにご興味ありますか?

Enerdataは、発電資産の開発をスクリーニングし、モニターし、分析する市場調査サービスを開発しました。

Power Plant Trackerは、インタラクティブなデータベースと、世界中の発電所(設置済とプロジェクトの両方)をカバーする強力な検索エンジンを提供します。