メインコンテンツに移動
エネルギーと気候変動マーケット

ノルウェーのエクイノール社、ポーランドのPGNiG社と年間2.4bcmのガス販売契約を締結

「ノルウェーの石油・ガス会社であるEquinorは、ポーランドのPGNiGに対し、バルティック・パイプ・プロジェクトを通じて、年間2.4bcmの天然ガスを供給する10年間のガス販売契約に調印しました。この長期契約に基づく供給量は、ポーランドの年間ガス消費量の約15%に相当します。...
続き
予測

日本、2030年までに4300万kWの火力発電設備が停止する可能性があると予測

「経済産業省は、45年間稼働した設備がすべて廃止されると仮定した場合、2021年度から2030年度にかけて、日本の火力発電設備のうち4330万kWが停止する可能性があると予測している。この予測は、これまでの予測より50%以上高く、日本の総火力発電設備容量(2021年時点で1億90...
続き
エネルギーと気候変動マーケット

ウクライナ、570万kWのザポリージャ原子力発電所を完全停止

ウクライナの原子力事業者であるエネルゴアトムは、ザポリージャ原子力発電所の最後の原子炉(6号機)を停止し、ウクライナ南部ザポリージャ州Enerhodarにある570万kWの原子力発電所を事実上完全に停止させました。エネルゴアトムは、この停止は安全対策として行われたもので、その冷却...
続き
会社

ロシアのガスプロム社、ガスパイプライン「ノルドストリーム1」を無期限停止

ロシアのガスプロム社は、直前になって発表された3日間のメンテナンス休業を経て、パイプラインノルドストリーム1によるヨーロッパへのガス供給を無期限で停止した。同社によると、ポルトバヤ圧縮機ステーションで稼働している単独タービンで油漏れが発生したため、ノルドストリーム1の再稼働が無期...
続き
政策と規制

米国上院、気候変動対策のためのインフレ抑制法案を採決

米国上院は、今後10年間でエネルギー安全保障と気候変動対策に3690億米ドルを投じることを盛り込んだ2022年インフレ抑制法案を可決した。この法案の投資を合わせると、2030年までに温室効果ガス(GHG)排出量を2005年比で約40%削減する道筋をつけることができる。法案は今後、...
続き
インフラと投資

イベルドローラ、スペインで180万kWの再生可能エネルギー向けにEIBから5.5億ユーロのグリーンローンを確保

イベルドローラは、スペインにおける180万kWの風力・太陽光発電プロジェクトの資金調達と開発のために、欧州投資銀行(EIB)から5億5千万ユーロのグリーンローンを確保しました。 同社はEIBからの融資を受け、スペイン全土の太陽光発電所および風力発電所プロジェクトの建設に充...
続き
エネルギーと気候変動マーケット

トタルエナジーズとドイツ・リーガスがドイツに5bcmのFSRUを設置することに合意

フランスのエネルギー企業トタルエナジーズとドイツのドイツ・リーガスは、ドイツ北東部のルブミン市にフローティングLNGターミナル(FSRU)を設置・運営する契約を締結した。 トタルエナジーの保有する2隻のFSRUのうち1隻をドイツ・リーガス社に提供します。FSRUは最大5bc...
続き
政策と規制

G7がロシアの原油価格の上限を探ることで合意

カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、英国、米国を含むグループ7(G7)は、ロシアの石油価格に上限を課すこと、すなわち、一定価格以上で販売されたロシアの石油の輸送を禁止することを検討することにコミュニケで合意した。このキャップは、金融サービス、保険、石油貨物の輸送を価格の上限...
続き
政策と規制

ドイツ、ガス消費量削減のための新たな対策を発表

ドイツ政府は、ロシアからの供給が減少する中、ガスの消費を制限し、貯蔵施設の充足を優先させるための新たな方策を発表した。この計画には、石炭火力発電への依存度を高め、産業界の消費削減を促すオークション制度を導入し、ガス貯蔵施設をより早く満タンにするために、国営投資開発銀行KfWを通じ...
続き